意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「現し世」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「現し世」という言葉をご存知でしょうか?

この言葉は、普段の会話の中や、ビジネスシーンの中でも、使われることはまずないと思います。

かなり古い語感のある言葉ですが、どのような意味があり、どんな場面で使われるのか、見ていくことにしたいと思います。

Meaning-Book
「現し世」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「現し世」の意味
  • 「現し世」の表現の使い方
  • 「現し世」を使った例文と意味を解釈
  • 「現し世」の類語や類義語


「現し世」の意味

「現し世」とは、「この世」「現世」のことを指しています。

「私達が生きている、今現在の世の中」と理解してもいいでしょう。

  • 「現し世」の読み方

「現し世」の読み方

「現し世」「うつしよ」という読み方になりますので、ここでしっかりとチェックしておきましょう。



「現し世」の表現の使い方

「現し世」「この世」という意味がありますが、身近な何気ない会話の中で使われることはあまりないでしょう。

どちらかと言うと、仏教的な話題に触れたり、そのようなジャンルの書籍や記事・文章の中で、目にすることが多いかと思われます。

また、最近ではスピリチュアルブームとなっており、その世界観でも使われそうです。

「現し世」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「現し世」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「現し世」を使った例文1
  • 「現し世」を使った例文2

「現し世」を使った例文1

「これが、現し世の見納めだ。もう思い残すことはない」

まるで人生最後の生きざまを残しつつ、今までの自分の人生を振り返っているような場面を連想します。

自分が最後にやりたかったことを実現できたことで、もう悔いのない人生に満足している感じがあります。

「現し世」を使った例文2

「現し世の快楽を追うことは、人としての本能なのだろうか?それとも人としてあるまじきことなのか?」

少しも解釈が難しい例文ですが、生きている間に享受する快楽は、人として本能的な快楽、すなわち楽しみなのかもしれないということを指しています。

その一方で、快楽を求めることは、人として許されることではないのかもしれないとも言っているようです。



「現し世」の類語や類義語

「現し世」を他の言葉で、言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「この世」【このよ】
  • 「現世」【げんせ】

「この世」【このよ】

「この世」「現し世」の類義語になります。

「今、生活している現実のこの世界」「過去・未来に対する現代・当代」という意味になります。

「現世」【げんせ】

「現世」「現し世」と同じ意味を持つ言葉で、「現在の世」「この世」のことです。

これらの言葉も普段の生活の中では、あまり見かける言葉ではありませんが、「現し世」よりは、幾分、平易な表現として目にすることがあります。

「現世での生きざま」というように、やはりスピリチュアルの分野で、目につく言葉かもしれません。

icon まとめ

「現し世」という言葉の意味や活用シーンを紹介してきました。

しかし、普段の生活シーンでは、ほとんど見かけることが少ないこともお分かりになったと思います。

ただ、このようなことをかっかけに、「現し世」の今を生きていることに感謝する気持ちが生まれてくるようにも思えます。