意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「敢え無く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「敢え無く」という言葉を見て、どのような意味に解釈するでしょうか?

おそらくこのままの言葉を見ると、意味を明確に説明できる人は、そんなに多くはないでしょう。

しかし、実は身近な場面でよく使われている言葉なのです。

そこで今回は、この「敢え無く」にフォーカスして見ていくことにします。

Meaning-Book
「敢え無く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「敢え無く」の意味
  • 「敢え無く」の表現の使い方
  • 「敢え無く」を使った例文と意味を解釈
  • 「敢え無く」の類語や類義語


「敢え無く」の意味

「敢え無く」とは「呆気なく」「期待外れに」「如何ともし難く」などの意味の持つ言葉です。

  • 「敢え無く」の読み方

「敢え無く」の読み方

「敢え無く」の読み方は「あえなく」となりますので、これを知ったならよく耳にする言葉であることが、分かるかと思います。



「敢え無く」の表現の使い方

「敢え無く」「呆気なく」という意味がありますので、とても大きな期待を寄せていたのに、その思いが裏切られたり、肩透かしを食らった使われることになります。

「敢え無く負けてしまった」というような使い方になります。

「敢え無く」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「敢え無く」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「敢え無く」を使った例文1
  • 「敢え無く」を使った例文2

「敢え無く」を使った例文1

「長年計画してきたプロジェクトは、思わぬ綻びから、敢え無く失敗に終わった」

ビジネスにおいて大きなプランニングやプロジェクトは、長い時間をかけて検討していくことになります。

しかし、ちょっとした躓きや油断から、それが失敗に繋がってしまうことも少なくありません。

そのような時に「敢え無く」が使われることになりますが、多くの苦労を費やしただけに悔しい思いをすることでしょう。

「敢え無く」を使った例文2

「あれだけ練習したのに、敢え無く負けてしまったとは、とても悔しい」

必死に練習をしてきたのに、試合に「敢え無く」負けてしまったことは、とても残念で堪らないことでしょう。

血の滲むような練習だったために、その悔しさを忘れることができないはずです。

これをバネにして、次に頑張ることです。



「敢え無く」の類語や類義語

「敢え無く」を他の言葉で、言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「無念にも」【むねんにも】
  • 「万やむを得ず」【まんやむをえず】

「無念にも」【むねんにも】

「無念にも」という言葉が「敢え無く」の類義語として挙げることができます。

「不注意にも」「考えが足りずに」というような意味で使われています。

「万やむを得ず」【まんやむをえず】

「万やむを得ず」という表現も「敢え無く」の類義語として扱うことができます。

「納得がいかないながらも他に選択肢がなく、そうするしかない」という意味で解釈することができます。

icon まとめ

「敢え無く」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、この言葉を使う場合、かなりのことを積み重ねて来たのに、予想に反した結果になってしまった時に、よく用いられます。

私達の日々の行動の中でも、このようなことはよくあることです。

しかし、それにめげずに次に繋がる経験を蓄積できたと納得して、新たなチャレンジに向かって頑張ることが大切です。