意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「年嵩」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「年嵩」という表現は「5歳年嵩の先輩と再会しました」「年嵩なだけにこの仕事の経験は豊富です」といった文章で使われますが、「年嵩」にはどんな意味があるのでしょうか?

「年嵩」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「年嵩」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「年嵩」の意味
  • 「年嵩」の表現の使い方
  • 「年嵩」を使った例文と意味を解釈
  • 「年嵩」の類語や類義語


「年嵩」の意味

「年嵩」という表現は、「年齢が他の人と比べて多いこと・高いこと」「年齢が他の人よりも高い人・年上(年長)の人」を意味しています。

また「年嵩」という表現は、「年嵩の男性(女性)」というように「年齢(主に高い年齢)そのもの・高齢であること」も意味しているのです。

  • 「年嵩」の読み方

「年嵩」の読み方

「年嵩」の読み方は、「としかさ」になります。



「年嵩」の表現の使い方

「年嵩」の表現の使い方を紹介します。

「年嵩」の表現の使い方は、「年齢が他の人と比べて多い(高い)場合」に使うという使い方になります。

例えば、「4つ年嵩の友人とは、年齢の違いを感じないほど仲が良い」といった文章で使います。

また「年嵩」の表現は、「年齢・高齢そのもの」を指示して使うという使い方もあります。

例えば、「その人は年嵩だけど身の動きが軽やかでした」といった文章で使用できます。

「年嵩」を使った例文と意味を解釈

「年嵩」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「年嵩」を使った例文1
  • 「年嵩」を使った例文2

「年嵩」を使った例文1

「この職場で一番年嵩の男性が、みんなを代表してあいさつすることになりました」

この「年嵩」を使った例文は、「この職場で一番年上の男性が」という意味を持つ文脈で、「年嵩」という表現を使っています。

「年嵩」を使った例文2

「実際的な能力や人柄の魅力がないと、年嵩なだけでは尊敬されない時代になっていることを改めて自覚させられました」

この「年嵩」を使った例文は、「年嵩」という表現を、「ただ年齢が高いというだけでは尊敬されない時代になっていることを改めて自覚させられた」という意味合いで使っています。



「年嵩」の類語や類義語

「年嵩」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「年上・年配」
  • 「年長・ベテラン」

「年上・年配」

「年嵩」という表現は、「年上(年配者)で他の人と比較した時に、年齢が多い(高い)こと」を意味しています。

「年配」という表現は、「世間の事情にも通じた世代・中高年」のことを意味しています。

その意味合いから、「年嵩」とほぼ同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「年上・年配」を指摘できます。

「年長・ベテラン」

「年嵩」という言葉は、「年齢が高いこと・年上や年長」を意味しています。

「年嵩」の表現には、「年齢を多く重ねていてベテラン(古参・熟練者)であること」というニュアンスも含まれています。

この意味から、「年嵩」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「年長・ベテラン」を上げられます。

icon まとめ

この記事で解説した「年嵩」の表現には、「年上で年齢が他の人よりも多い(高い)こと」「年齢・高齢そのもの」などの意味があります。

「年嵩」の類語・類義語として、「年上・年配」「年長・ベテラン」などがあります。

「年嵩」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。