意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「団欒」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「団欒」という表現を聞いたことがあるでしょうか。

ここでは「団欒」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「団欒」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 団欒」の意味
  • 「団欒」の表現の使い方
  • 「団欒」を使った例文と意味を解釈
  • 「団欒」の類語や類義語


団欒」の意味

「団欒」というのは「集まってなごやかに楽しむこと」「親しみある楽しい集まり」という意味があります。

「一家団欒」という表現はよく使われます。

「一家団欒」というのは「家族全員が集まって仲良く楽しみあうこと」を指しています。

どれだけ忙しかったとしても、「一家団欒」の時間は家族の絆を強めても活力を養う大切な時間だと考えられます。

  • 「団欒」の読み方

「団欒」の読み方

「団欒」の読み方は、「だんらん」になります。

よく使われる表現ですのでぜひ覚えておきましょう。



「団欒」の表現の使い方

「団欒」の表現の使い方を紹介します。

「団欒」というのは「集まってなごやかに楽しむこと」という意味になります。

パーティーの時などは「団欒を楽しむ」と言えます。

パーティーでは、久しぶりに昔の同級生に会ったり、なかなか会えなかった親戚に会ったり、ということもあるかもしれません。

このような時に「団欒」という表現が使えます。

「旧友と久しぶりに団欒を楽しんだ」「親戚と団欒が楽しめました」などと言われます。

「団欒」を使った例文と意味を解釈

「団欒」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「団欒」を使った例文1
  • 「団欒」を使った例文2

「団欒」を使った例文1

「一家団欒の時間は子供にとってとても大切です」

「一家団欒」の時間帯は親にとっても大切ですが、成長期の子供にとっても大きな役割があると言われています。

家族で「団欒」を楽しむことで、子供は「自分は愛されている」という感覚を養えるのです。

それによって子供は落ち着いた気持ちで成長でき、子供の人格形成にも大きな役割があると考えられています。

忙しかったとしても、「一家団欒」の時間を大切にしたいところです。

「団欒のひととき」を楽しみましょう。

「団欒」を使った例文2

「夕食は家族団欒の大切なひとときです」

朝ご飯などは家族揃って食べられなかったとしても、夕食は揃って食べるようにしているという家庭も多いのではないでしょうか。

朝は家を出る時間がバラバラな場合もあり、なかなか家族揃って朝食をとるということが難しいです。

しかし、夕食は「家族団欒」の場所として大切に思っている家庭も多いと考えられます。



「団欒」の類語や類義語

「団欒」の類語や類義語を紹介します。

  • 「顔合わせ」【かおあわせ】
  • 「親睦会」【しんぼくかい】

「顔合わせ」【かおあわせ】

「顔合わせ」というのは「両家の両親や家族を引き合わせること」であり、婚礼行事の1つだと言われています。

両家の家族が正式に顔合わせ、自己紹介をして親睦を深める目的があります。

「親睦会」【しんぼくかい】

「親睦会」「関係者が集まって単に仲良くなるという目的を持って話し合いがなされる場所」という意味があります。

ちなみに「渾身会」というのは組織の中で使われる表現であり、「親睦を深めつつ情報交換をする場所」という違いがあります。

icon まとめ

「団欒」という表現は日常的にも使われます。

意味をよく覚えておきましょう。