意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「疎ら」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「疎ら」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「疎ら」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「疎ら」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「疎ら」の意味
  • 「疎ら」の表現の使い方
  • 「疎ら」を使った例文と意味を解釈
  • 「疎ら」の類語や類義語


「疎ら」の意味

「疎ら」というのは「ものが少なくて間が空いている様子」「隙間の空いている様」という意味になります。

「人通りも疎らな住宅街」などと使われることがあります。

「間が空いてバラバラと存在する」という意味があり、例えば「お店が疎らに存在する」などと言われることもあります。

  • 「疎ら」の読み方

「疎ら」の読み方

「疎ら」の読み方は、「まばら」になります。

日常的に頻繁に使う表現ではありませんが、ぜひ意味を覚えておきたい言い回しだと言えるでしょう。



「疎ら」の表現の使い方

「疎ら」の表現の使い方を紹介します。

「疎ら」というのは「間が空いてバラバラと存在する」という意味になります。

例えば、「人通りが疎らな住宅街」と言えば、住宅街の通りに人が少ないという意味になります。

「植物が疎らに植えられていた」と言えば、植物がまとめて植えられているのではなく、あちらこちらに植物が存在するということになります。

「疎らな方法」「疎らな群衆」などと使われることもあり、あちらこちらに植物が存在するということになります。

「疎らな方法」「疎らな群衆」などと使われることもあります。

「疎ら」を使った例文と意味を解釈

「疎ら」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「疎ら」を使った例文1
  • 「疎ら」を使った例文2

「疎ら」を使った例文1

「花壇ではチューリップが疎らに咲いています」

春になるとチューリップがあちらこちらで咲き、とても綺麗です。

しかし、まとめてではなくバラバラと咲いている状態の場合、「疎らに咲いている」と表現できます。

全体にチューリップが咲いたらとても綺麗ですが、「疎らに咲く」とバラバラなイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。

「疎ら」を使った例文2

「子供が掃除した後の部屋には、疎らに埃が残っていました」

親として、子供に掃除をさせるということもあるのではないでしょうか。

その一方で、子供が掃除をするとまだきちんと掃除がなされておらず、あちらこちらにほこりが残っているなどということもあるかもしれません。

その場合に「疎ら」という表現が使います。



「疎ら」の類語や類義語

「疎ら」の類語や類義語を紹介します。

  • 「ばらばら」
  • 「ちらほら」

「ばらばら」

「ばらばら」というのは「大勢の人がまとまりなく動く」という意味がありますし、これ以外にも「まとまっていたものが離ればなれになる」という意味があります。

「ばらばらと人が集まる」「意見がバラバラだ」などと言えます。

ひらがなで書かれることもあればカタカナで描かれることもあります。

「ちらほら」

「ちらほら」というのは「あちこちに散らばって少しずつある様子」「時間をおいて何度か存在する様子」という意味です。

「桜がちらほらと咲き始めた」「ちらほらと噂が入ってきた」などと使われます。

icon まとめ

「疎ら」という表現は頻繁に使う表現ではありませんが、ぜひ覚えておきたい言い回しの1つです。

意味をしっかり押さえておきましょう。