意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「催す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「催す」という言葉を色々な場面で聞くことや実際に自分自身で使った経験があるかと思います。

それだけこの言葉は、身近に使われるものなのですが、意外と意味を詳しく調べてみるような機会はないでしょう。

そこで今回は、この「催す」にフォーカスしていくことにします。

Meaning-Book
「催す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「催す」の意味
  • 「催す」の表現の使い方
  • 「催す」を使った例文と意味を解釈
  • 「催す」の類語や類義語


「催す」の意味

「催す」「人々が集まる行事を企て準備し行う」や、「そのような気持ちを掻き立てる」というような意味を持っています。

このように改めて、その意味を調べてみると、驚く人もいるでしょう。

  • 「催す」の読み方

「催す」の読み方

「催す」「もよおす」という読み方になりますので、ここで再確認しておくことにしましょう。



「催す」の表現の使い方

「催す」は、「行事を企画して準備し行うこと」という意味があり、「サイン会を催す」という使い方をし、「気持ちを掻き立てる」という解釈では、「信仰心を催す」という使い方をします。

「催す」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「催す」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「催す」を使った例文1
  • 「催す」を使った例文2

「催す」を使った例文1

「来年に予定する全国巡回の展示会のために、準備会議を催すことになった」

「会を催す」という使い方がある中で、イベントの他に、「会議を催す」という使い方もされています。

この例文では、翌年から全国キャラバンの展示会を予定しているある企業が、その準備のための事前会議を「催す」ことになったようです。

実行中メンバーを集めての意識・情報共有が主目的でしょう。

「催す」を使った例文2

「ここに来て怒りを催してきた。この怒りを抑えることに必死だ」

ここでの「催す」「気持ちを掻き立てる」という意味で使われています。

何かのきっかけで、怒りの感情がほとばしるようになったようです。

その怒りをどうにかして抑えなければならないのですが、どうしようもなさそうです。



「催す」の類語や類義語

「催す」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「覚え」【おぼえ】
  • 「突きあげる」【つきあげる】

「覚え」【おぼえ】

「覚え」「催す」の類義語として挙げることができます。

「身体的・精神的・感情的な状態を意識すること」という意味で使われています。

前の例文だと、「怒りを催す」「怒りを覚える」という形で言い換えることができます。

「突きあげる」【つきあげる】

「突き上げる」「催す」の類義語で「示された方向を強制するか推進する」という意味になります。

icon まとめ

「催す」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、この言葉は本当に身近なシーンで使われます。

プライベートな場面では、「誕生日パーティーを催す」「個展を催す」といった使い方になりますし、ビジネスの場面では、「イベントを催す」「企画会議を催す」というような使い方ができます。

このように身近な言葉なので、日頃からその使い方を意識しながら、どのようなケースで使えるのか、再確認してみると、言葉の理解が深まっていきます。