意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「皆々様」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「皆々様」という言葉を色々な場面で耳にすることがあるかと思います。

この言葉は、普段の会話の中で実際に使うようなことは、あまりないかもしれませんが、聞く機会はそれなりにあるでしょう。

そこで今回は、この「皆々様」について、見ていきましょう。

Meaning-Book
「皆々様」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「皆々様」の意味
  • 「皆々様」の表現の使い方
  • 「皆々様」を使った例文と意味を解釈
  • 「皆々様」の類語や類義語


「皆々様」の意味

「皆々様」とは「皆さん」をさらに強めて表現する言い方です。

丁寧な言い方を「皆さん」と称して使いますが、その意味をさらに強くしたものになります。

  • 「皆々様」の読み方

「皆々様」の読み方

「皆々様」「みなみなさま」という読み方になりますので、ここでしっかりとチェックしておきましょう。

時折、聞くことがある言葉だけに、使われている漢字も含めて覚えておくようにしてください。



「皆々様」の表現の使い方

「皆々様」「皆さん」を強くした意味合いを持つので、多くの人の注目を集めたり、注意喚起を促すような場合に使うことになります。

「皆々様、右手をご覧ください」というようなフレーズがありますが、これはバスガイドの人が、乗客の意識をある方向に向かわせる時に使います。

「皆々様」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「皆々様」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「皆々様」を使った例文1
  • 「皆々様」を使った例文2

「皆々様」を使った例文1

「営業部の皆々様、そろそろお開きの時間が近づきいて参りましたので、お手を拝借」

これは営業部の宴会の締めを幹事がやっている場面です。

忘年会や新年会、あるいは年度末の打ち上げの飲み会で、終わりを告げる締めのかけ声として、使われることが多いセリフです。

かなり盛り上がっている中での終わりの言葉なので、幹事さんも大きな声を張り上げる必要があります。

「皆々様」を使った例文2

「皆々様、お席に願います。そろそろ会が始まりますので、静粛にしてください」

これもある会合やイベント・講演会などで司会者が出席者・参加者に会の始まりを告知するために、使うセリフの1つです。

会の開始時間5分前になったことで、このようなことを皆さんに使えて、その始まりを伝えています。



「皆々様」の類語や類義語

「皆々様」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「あなた達」【あなたたち】
  • 「君達」【きみたち】

「あなた達」【あなたたち】

「あなた達」「皆々様」に近い意味を持つ言葉です。

但し、「皆々様」は目上の人達やお客様に向かって使う言葉に対し、「あなた達」は立場が同等か下の人に限られることになります。

そのために、相手により使い分けが必要です。

「君達」【きみたち】

「君達」「皆々様」の類義語になりますが、「あなた達」と同じように同等か下の立場の人に対して使う表現です。

icon まとめ

「皆々様」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、この言葉は、大きな会合やパーティーなどで、司会者が使うことが多い表現です。

したがって、もし自分がそのような立場になった時に使えるように、言葉の活用シーンをイメージしていると、後々便利でしょう。