意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「綴る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「綴る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「綴る」という言葉を使った例文や、「綴る」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「綴る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「綴る」とは?意味
  • 「綴る」の表現の使い方
  • 「綴る」を使った例文や短文など
  • 「綴る」の類語や類義語・言い換え


「綴る」とは?意味

「綴る」には、「破れたりした所を継ぎ合わせること」という意味があります。

また「言葉を羅列し、詩歌や文章を書きおろすこと」という意味があります。

  • 「綴る」の読み方

「綴る」の読み方

「綴る」の読み方は、「つづる」になります。



「綴る」の表現の使い方

「綴る」の表現の使い方を紹介します。

「綴る」には、「破れたりした所を継ぎ合わせること」という意味があります。

そのため、衣類などが破れたりしてしまった時、繋ぎ合わせる様子を、「肘のほつれを糸で綴る」などと、「綴る」という言葉で表現してみましょう。

また「綴る」には、「言葉を羅列し、詩歌や文章を書きおろすこと」という意味があります。

そのため、詩歌や文章を作る様子を、「綴る」を使って表現してみましょう。

例えば、散歩しながら詩を思い浮かべ、メモをする時などに、「散歩中に詩を綴った」などと「綴る」という言葉を使ってみましょう。

「綴る」を使った例文や短文など

「綴る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「綴る」を使った例文1
  • 「綴る」を使った例文2

「綴る」を使った例文1

「曲に合わせて歌詞を『綴る』」

この例文に登場する人は、作詞作曲が趣味なのかもしれません。

まず曲を作り、その曲に合わせて歌詞を作る様子になります。

このように「綴る」には、「言葉を連ねて、詩歌や文章を作ること」という意味があります。

「綴る」を使った例文2

「夜眠る前に、思いついた文章を『綴る』のが日課だ」

この例文は、夜眠る前の静かな時間に、思いついた文章を書くのを日課にしているという意味があります。

一日の終わりに、自分の思いつくままに、文章を作って行くのは、頭の整理にもなりストレス解消にもなるかもしれません。



「綴る」の類語や類義語・言い換え

「綴る」の類語や類似を紹介します。

  • 「繕う」【つくろう】
  • 「書き下ろす」【かきおろす】

「繕う」【つくろう】

「繕う」には、「衣服などの破れ損じた所を修理すること」という意味があります。

「セーターのほつれを繕う」などという使い方をします。

「書き下ろす」【かきおろす】

「書き下ろす」には、「小説や脚本などを新たに執筆すること」という意味があります。

「文庫用のあとがきを、書き下ろす」という文章には、「小説の文庫本のために、新しくあとがきを書く」という意味があります。

「小説を書きおろす」「脚本を書きおろす」などという使い方をします。

icon まとめ

「綴る」という言葉について見てきました。

欠けたり破れたりしたところを継ぎ合わせる時、また言葉を連ねて、詩歌や文章を作る時に、「綴る」という言葉を使ってみましょう。