意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「序に」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「序に」は、読み方が分かるととても簡単な言葉だと言えるでしょう。

Meaning-Book
「序に」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「序に」の意味とは?
  • 「序に」の表現の使い方
  • 「序に」を使った例文と意味を解釈
  • 「序に」の類語や類義語


「序に」の意味とは?

「序に」とは、「それと一緒に」と解釈できる言葉です。

「コンビニに行くんだったら、序にタバコを買って来て欲しいんだけど」などと使うことが多く、自分に対して使う「序にそこにも寄ってくるか」のような用い方もよく聞きます。

「聞きます」としているのは、このような文章を「見掛ける」ことは実際にはほとんどない為です。

よって、口語であればよく聞くものの、文章で見ることは少ない言葉だと考えていいでしょう。

  • 「序に」の読み方

「序に」の読み方

「序に」の読み方は、「ついでに」になります。

こう聞けば、多くの人が毎日のように使っている言葉のことだと分かります。

一般の文章で見掛けることはまずないと思いますが、小説や古文で使われている際に、この読み方が分からないとその文章の意味が理解できないことがあるので、実用的ではないにしても覚えておいて損はありません。



「序に」の表現の使い方

「序に」の表現の使い方を紹介します。

「ついでに」と使うだけの言葉なので、特に難しい使い方もなく、それを漢字で表現しているだけというのが実際のところです。

先のように、無理に使う言葉でもない為、「ついでに」という記載を遭えてこちらに置き換える必要はありません。

そうしてしまうと、分かりにくくするだけなので、この言葉は読む場合専用に覚えておくだけで構いません。

「序に」を使った例文と意味を解釈

「序に」を使った例文と、その意味の解釈です。

文章でこのように使うのではなく、口語で使う場合だと考えてください。

  • 「序に」を使った例文1
  • 「序に」を使った例文2

「序に」を使った例文1

「時間が空くなら序にあの店にも寄ってみたい」

口語ではよく聞くような使い方です。

意味が「ついでに」だと分かってしまうと様々な使い方ができますが、いずれも発音する場合に使ってください。

文章であれば、「ついでに」と普通に使うことをおすすめします。

「序に」を使った例文2

「総務課に行くなら、序にボールペンを2本ほど貰ってきて欲しい」

ビジネスで使っている例になりますが、親しい仲であればまだしも、あまり人にこの「序に」と頼むのも考えものです。

逆に自分が頼まれた場合にどう思うかも考えて使うべきだと言える言葉です。



「序に」の類語や類義語

「序に」の類語や類義語を紹介します。

似ている使い方ができる言葉です。

  • 「折には」【おりには】

「折には」【おりには】

「その機会があれば」という意味になり、「近くまでいらした折には、是非お立ち寄りください」のような使われ方をします。

「序に」というニュアンスが多分に含まれており、置き換えにはなりませんが、上のような丁寧な言い方(特に目上の人に対して)をする場合に見聞きする言葉です。

icon まとめ

「序に」は、滅多に漢字で見掛けることはありませんが、読み方を知っていれば何の問題もない言葉です。