意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「恋着」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「恋着」という表現は「昔から好きな相手に恋着する」「恋着によって精神的に苦しみ続ける」といった文章で使用されますが、具体的にどのようなことを意味しているのでしょうか?

「恋着」の表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「恋着」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「恋着」の意味
  • 「恋着」の表現の使い方
  • 「恋着」を使った例文と意味を解釈
  • 「恋着」の類語や類義語


「恋着」の意味

「恋着」という表現は、「恋愛などにおいて、相手のことを忘れられないほどに深く恋い慕うこと」を意味しています。

また「恋着」というのは、恋愛・異性に限らず、「物事一般に深く執着してこだわること」を意味している表現なのです。

  • 「恋着」の読み方

「恋着」の読み方

「恋着」の読み方は、「れんちゃく」になります。



「恋着」の表現の使い方

「恋着」の表現の使い方を紹介します。

「恋着」という表現は、「恋愛などにおいて、相手のことを忘れられないほどに深く恋い慕う時、執心して気持ちが離れない時」に使うという使い方をします。

例えば、「学生時代に恋着していた彼女とは今、友人として付き合っています」といった文章で使うことができます。

また「恋着」という表現は、「物事一般に執着してこだわっている場合」にも使われます。

例えば、「恋着していた自動車に傷がついてショックを受けた」というような文章で使用できます。

「恋着」を使った例文と意味を解釈

「恋着」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「恋着」を使った例文1
  • 「恋着」を使った例文2

「恋着」を使った例文1

「恋愛(異性関係)において、相手に恋着する度合いが強すぎるとDV・ストーカー問題などに発展してしまう恐れがあります」

この「恋着」を使った例文は、「恋着」という表現を、「相手に恋愛で執着して恋い慕う度合いが強すぎると」という意味を持つ文脈で使用しています。

「恋着」を使った例文2

「お金に異常に恋着していたその男は、遂にはお金がもったいないからと家族とも縁を切って、一人で孤独にお金を貯める暮らしに入りました」

この「恋着」を使った例文は、「お金に異常に執着してしがみついていたその男は」という意味で、「恋着」の言葉を使っています。



「恋着」の類語や類義語

「恋着」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「恋慕・恋情」
  • 「執着・執心」

「恋慕・恋情」

「恋慕」という言葉は、「異性のことを恋い慕うことやその気持ち」を意味しています。

「恋情」というのは、「相手のことを恋しく思う気持ち・恋愛感情」のことを意味する表現です。

その意味合いから、相手に執着して深く恋い慕うさまを意味する「恋着」の類語(シソーラス)として、「恋慕・恋情」を指摘できます。

「執着・執心」

「恋着」という表現は、「ある物事・人物などに執着すること」「物事一般に執心して簡単には諦められないさま」を意味しています。

「執着」とは「一つの物事に心をとらわれて、そこから離れられないさま」を意味する表現で、「執心」「物事に執着する心」を意味しています。

その意味合いから、「恋着」とほぼ同じような意味を持つ類義語として、「執着・執心」という表現を上げられるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「恋着」の表現には、「恋愛などで相手を深く恋い慕うこと・心が相手から離れず執心すること」「物事一般に執着すること」などの意味があります。

「恋着」の類語・類義語として、「恋慕・恋情」「執着・執心」などがあります。

「恋着」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。