意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「毎週末」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「毎週末」は簡単な意味の言葉なので、すぐに意味や使い方が理解できるでしょう。

Meaning-Book
「毎週末」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「毎週末」の意味とは?
  • 「毎週末」の表現の使い方
  • 「毎週末」を使った例文と意味を解釈
  • 「毎週末」の類語や類義語


「毎週末」の意味とは?

「毎週末」とは、毎週の週末を指して使う言葉です。

それが縮まった表現で、ここで言う週末とは、原則的に土曜日と日曜日のことになります。

「毎週末ジムに通っている」と使うと、土・日には必ずジムに行っていることになり、「毎週末くらいしか休みがない」と言った場合には、土・日くらいしか(それ以外に)休みがないと表現しています。

ただし、そのどちらかという解釈で使うこともある為、必ずしも土・日の両方のことだとは限りません。

  • 「毎週末」の読み方

「毎週末」の読み方

「毎週末」の読み方は、「まいしゅうまつ」になります。

一般的なカレンダー的に言えば、週末と表現されるのは土曜日だけで、日曜日は逆に週の頭(最初)の日になります。

ですが、土・日が休日の公的機関、企業、職業が世の中では多くを占めるという現実から、日本語のこの「毎週末」は土・日のこと(もしくはそのどちらか)で、英語で同じ意味の“every weekend”と使った場合も同じく、土曜日と日曜日のこと(同様に、またはそのどちらか)だと解釈して構いません。



「毎週末」の表現の使い方

「毎週末」の表現の使い方を紹介します。

今でこそ、日本を含む多くの国や地域で日曜日が休日とされていますが、西暦が使用され始めた当時はカレンダーの表記通り、土曜日が週末で休日(安息日)だったと言われています。

よって、その当時の週末や毎週末を表して使う場合には、土曜日だけのことと考えていいでしょう。

その後に日曜日が休日となったのは、キリスト教の経典である聖書によると、その復活が日曜日だったからだとされており、これが宗教的な解釈だけに留まらず、世界的に広まり、現在に至っています。

「毎週末」を使った例文と意味を解釈

「毎週末」を使った例文と、その意味の解釈です。

土曜日か日曜日のどちらかだけにも使えると書きましたが、その場合には土曜日や日曜日とそのまま使うことが多いので、まず両方をまとめた意味だと考えて構いません。

  • 「毎週末」を使った例文1
  • 「毎週末」を使った例文2

「毎週末」を使った例文1

「彼の休みは毎週末だと聞いている」

その彼は毎週の土曜日と日曜日が休みのようです。

とても簡単な使い方ですが、逆に難しい使い方をすることもできない言葉です。

「毎週末」を使った例文2

「単身赴任をしているが、なるべく毎週末には帰るようにしている」

土・日にはなるべく赴任先から元の家に帰ることにしていると言っています。

単純な意味の言葉なので、あまり例文で詳しく説明する必要もないでしょう。



「毎週末」の類語や類義語

「毎週末」の類語や類義語を紹介します。

毎週の土・日のことだときちんと表記するには、こちらの方が向いているかも知れません。

  • 「毎土日」【まいどにち】

「毎土日」【まいどにち】

「毎週末」と全く一緒の意味で、「週末」で土・日と解釈させるより確定的な形です。

お店の休みの表記などに使われることが多く、間違いなく毎週の土・日の両方だという意味になります。

icon まとめ

「毎週末」は、特に断りなどがない場合には、毎週の土曜日と日曜日のことを表していると考えていいでしょう。