意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「得意げに」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「得意げに」という表現は「得意げに子供の自慢をしました」「得意げに堂々と歩いた」などの文章で使われますが、どのような意味を持っているのでしょうか?

「得意げに」の表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「得意げに」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「得意げに」の意味
  • 「得意げに」の表現の使い方
  • 「得意げに」を使った例文と意味を解釈
  • 「得意げに」の類語や類義語


「得意げに」の意味

「得意げに」という表現は、「何か自慢できるようなこと(嬉しいこと)があって、誇らしそうな感じで」ということを意味しています。

また「得意げに」という表現は、「物事が自分の思い通りに運んで満足した感じで」という意味合いも持っています。

「得意げに」は、「得意」の形容動詞「得意げだ」の連用形になります。

  • 「得意げに」の読み方

「得意げに」の読み方

「得意げに」の読み方は、「とくいげに」になります。



「得意げに」の表現の使い方

「得意げに」の表現の使い方を紹介します。

「得意げに」の表現の使い方は、「何か良いことがあって、誇らしげな感じ(満足した感じ)でものを語る時」に使うという使い方になります。

例えば、「事業で成功して年収が増えたことを得意げに話していました」といった文章で使用することができます。

「得意げに」を使った例文と意味を解釈

「得意げに」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「得意げに」を使った例文1
  • 「得意げに」を使った例文2

「得意げに」を使った例文1

「得意げに自分の息子が国立大学の医学部に合格したことを長々と語り始めました」

この「得意げに」を使った例文は、「得意げに」という表現を、「誇らしい感じで(自慢するような感じで)、自分の息子が国立大学の医学部に合格したことを」という意味を持つ文章で使っています。

「得意げに」を使った例文2

「落ち込んでいる相手や失敗した相手に対して、あまり得意げに自分の成功・幸せを話しすぎると嫉妬・恨みを買う恐れもあります」

この「得意げに」を使った例文は、「あまり誇らしい自慢するような感じで、自分の成功・幸せを話しすぎると」という意味を持つ文脈で、「得意げに」という表現を使用しています。



「得意げに」の類語や類義語

「得意げに」の類語や類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「自慢げに・誇らしげに」
  • 「これ見よがしに・ドヤ顔で」

「自慢げに・誇らしげに」

「得意げに」という表現は、「何か良いことがあって、自慢するような感じで」「誇らしい感じで」ということを意味しています。

その意味合いから、「得意げに」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「自慢げに・誇らしげに」という表現を上げることができます。

「これ見よがしに・ドヤ顔で」

「これ見よがしに」という表現は、「自慢するみたいに相手に見せつけるような感じで」を意味しています。

「ドヤ顔で」というスラング(俗語)は、「どや、俺はすごいだろうと誇らしげな感じ(自慢するような感じ)で」を意味しています。

この意味から、「得意げに」と類似した意味を持つ類義語として、「これ見よがしに・ドヤ顔で」を指摘できるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「得意げに」の表現には、「何か自慢できるようなことがあって、誇らしそうな感じで」などの意味があります。

「得意げに」の類語・類義語として、「自慢げに・誇らしげに」「これ見よがしに・ドヤ顔で」などがあります。

「得意げに」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。