意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「断言口調」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「断言口調」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「断言口調」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「断言口調」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「断言口調」の意味
  • 「断言口調」の表現の使い方
  • 「断言口調」を使った例文と意味を解釈
  • 「断言口調」の類語や類義語


「断言口調」の意味

「断言口調」というのは「確信を持ってきっぱりと生きる口調」という意味になります。

「断言」というのは「自信や決意を持ってはっきりということ」という意味であり、「口調」という言葉には「言葉の調子」という意味があります。

これらを合わせ、「断言口調」というのは「はっきりと述べる話し方」という意味になるのです。

  • 「断言口調」の読み方

「断言口調」の読み方

「断言口調」の読み方は、「だんげんくちょう」になります。

ぜひ知っておきたい表現の1つだと言えるでしょう。



「断言口調」の表現の使い方

「断言口調」の表現の使い方を紹介します。

インターネットでは日々様々なゴシップが分かれていますが、インターネットではほとんどの人が「断言口調」を使うのではないでしょうか。

ネットの場合は相手に自分の素性が知られませんので、無責任なことを簡単に発言できてしまいます。

責任でいられるからこそ、間違ったことであったとしても問題なく、そのために「断言口調」になってしまうと考えられます。

例えば、「こうだと思う」ではなく「絶対にこうだ」「こうに違いない」と言えば、それは「断言口調」になります。

「断言口調」を使った例文と意味を解釈

「男元区長」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「断言口調」を使った例文1
  • 「断言口調」を使った例文2

「断言口調」を使った例文1

「モラハラの男性はよく断言口調を使います」

最近はセクハラのみならず、モラハラやパワハラが問題視されています。

モラハラやパワハラをする男性は「断言口調」になることが多いと言われています。

女性のやり方や部下のやり方などを認めず、自分のやり方のみを押し通そうとするため、どうしても「断言口調」になってしまうのです。

「断言口調」は威圧的に聞こえる可能性がありますので、気をつけなければいけません。

「断言口調」を使った例文2

「この人はいつも断言口調で嫌になってしまう」

「断言口調」の人が苦手だという人は多いかもしれません。

周りを理解せずに断定的な話し方をすれば、周りの人から理解を得られないことがあります。

決めつけているかのように思われてしまうこともあり、新たな視点なども学べないため、自分のためになりません。

断定的な表現の方が良いと思われがちですが、「断言口調」には抵抗を覚える人もいるということを覚えておきましょう。



「断言口調」の類語や類義語

「断言口調」の類語や類義語を紹介します。

  • 「決めつけ」【きめつけ】
  • 「断定」【だんてい】

「決めつけ」【きめつけ】

「決めつけ」というのは「周りの意見を受け入れず、一方的に行った判断」という意味もありますし、「間違いなくそうであると判断する様」という意味もあります。

「既成観念」「先入観」と言われることもあります。

「断定」【だんてい】

「断定」という表現には「こうだとはっきり判断を下す」という意味があります。

「断定的」と使われることもあります。

icon まとめ

「断言口調」という表現は日常的には使わないかもしれませんが、どうしても「断言口調」になってしまうという人はいるかもしれません。

周りの人から威圧的だと思われてしまう可能性がある話し方ですので、気をつけるようにしましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。