意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「断定」とは?意味や類語!例文と解釈

「断定」とは、「物事に対して迷わずにはっきりした判断をすること」を意味する言葉です。

「断定」「意味・読み方・対義語・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「断定」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「断定」とは?
  • 「断定」 の対義語
  • 「断定」の表現の使い方
  • 「断定」を使った例文と意味を解釈
  • 「断定」の類語や類義語


「断定」とは?

「断定」という表現は、「物事に対して迷わずはっきりした判断や決断をすること」を意味しています。

「断定」というのは、「優柔不断ではないはっきりとした判断・決断・指定」を意味している表現なのです。

更に「断定」は日本語の文法で、文語の助動詞の「なり」「たり」、口語の助動詞の「だ」「です」のように、ある事物が何であるか、どんなものであるかを判断(指定)する言い方を意味しています。

  • 「断定」の読み方

「断定」の読み方

「断定」の読み方は、「だんてい」になります。



「断定」 の対義語

「断定」 の対義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「推定・推察」

「推定・推察」

「断定」 の対義語は、「推定・推察」になります。

「推定」という表現は、「はっきり分からないことに対して、ある事実を前提とし、おしはかって考えて決めること」を意味しています。

「推察」という言葉は、「相手の気持ち・物事の実際などはっきりしないことに対しておしはかること」を意味しています。

それらの意味から、物事を迷わずはっきり判断することを示す「断定」とは反対の意味を持つ対義語(反対語)として、「推定・推察」を上げることができるのです。

「断定」の表現の使い方

「断定」の表現の使い方は、「ある物事(選択)に対して、迷うことなくはっきりした判断(決断)をくだす場合」に使うという使い方になります。

例えば、「議長は今回の決定事項が覆ることは絶対にないと断定して、議論を一方的に打ち切ろうとしました」などの文章で、「断定」の表現を使用することができます。



「断定」を使った例文と意味を解釈

「断定」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「断定」を使った例文1
  • 「断定」を使った例文2

「断定」を使った例文1

「検視官も法医学者も、不可解な死を遂げた叔父の死亡原因を他殺ではなく自殺であると断定しました」

この「断定」を使った例文は、「検視官も法医学者も、不可解な死を遂げた叔父の死亡原因を他殺ではなく自殺であるというはっきりした判断を示した」ということを意味しています。

「断定」を使った例文2

「この問題について断定すべき材料が十分に集まっているとは思えないので、もう少し自分なりに調査してから決めたいと思います」

この「断定」を使った例文は、「この問題について迷わずにはっきりと決断(判断)できる材料が十分に集まっているとは思えないので、もう少し自分なりに調査してから決めたいと思う」ということを意味しています。

「断定」の類語や類義語

「断定」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「決定・決めつけ」
  • 「確認・同定」

「決定・決めつけ」

「断定」の類語・類義語として、「決定・決めつけ」があります。

「断定」という表現は、「ある物事・問題について迷わずに決定すること」「選択肢のある物事について決め付けるようにして判断すること」を意味しています。

その意味から、「断定」と近い類似の意味を持つ類語(シソーラス)として、「決定・決めつけ」を指摘できます。

「確認・同定」

「断定」の類語・類義語として、「確認・同定」があります。

「断定」という表現は、「ある物事・状況について、文法的にはっきりそうであると定めて確認(同定)すること」を意味しています。

それらの意味合いから、「断定」と良く似た意味を持つ類義語として、「確認・同定」を上げられます。

icon まとめ

「断定」という言葉について解説しましたが、「断定」には「物事に対して迷わずにはっきりした判断をすること」などの意味があります。

「断定」の類語(シソーラス)・類義語としては、「決定・決めつけ」「確認・同定」などがあります。

「断定」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。