意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「使い捨て」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「使い捨て」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「使い捨て」という言葉を使った例文や、「使い捨て」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「使い捨て」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「使い捨て」とは?意味
  • 「使い捨て」の表現の使い方
  • 「使い捨て」を使った例文や短文など
  • 「使い捨て」の類語や類義語・言い換え


「使い捨て」とは?意味

「使い捨て」には「使った後、再利用をせず捨ててしまうこと」という意味があります。

また「そのように作られたもの」という意味もあります。

  • 「使い捨て」の読み方

「使い捨て」の読み方

「使い捨て」の読み方は、「つかいすて」になります。



「使い捨て」の表現の使い方

「使い捨て」の表現の使い方を紹介します。

「使い捨て」には「使った後、再利用をせず捨ててしまうこと」、また「そのように作られたもの」という意味があります。

そこで、使った後に何もせず捨ててしまう行為について、またそのように作られたものについて話す時、「使い捨て」という言葉を使ってみましょう。

例えば、100円程度で購入できる安価なライターは、ガスが切れてしまえば、ガスを補充せずに捨ててしまいます。

またそのように作られた商品でもあります。

そのため、この安価のライターは「使い捨てライター」「使い捨て」を使ったネーミングで呼ばれることがあります。

このように、使った後にすぐに捨ててしまうような行為や物に対して、「使い捨て」という言葉を使ってみましょう。

「使い捨て」を使った例文や短文など

「使い捨て」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「使い捨て」を使った例文1
  • 「使い捨て」を使った例文2

「使い捨て」を使った例文1

「紙コップは、『使い捨て』できるから、キャンプに持って行くのにちょうどいい」

この例文は、キャンプに行く時の食器を選んでいる人が、紙コップは使った後に捨てられるため、便利だという意味があります。

このように「使い捨て」には、「使った後、再利用をせず捨ててしまう」という意味があります。

キャンプ場でコップを洗って持ち帰るのは億劫のため、紙コップを現地で捨ててきた方が、荷物が少なく手間もかからず楽かもしれません。

「使い捨て」を使った例文2

「私は会社に長く務めたが、まるで『使い捨て』のように捨てられた」

この例文は、長年会社勤めをした人が、退職することになった時、冷たい仕打ちを受けたという文章になります。

まるで自分は「使い捨て商品」のように扱われたと嘆いています。

このように、比喩として、粗末に扱われることを、「使い捨て」という言葉で表現できます。



「使い捨て」の類語や類義語・言い換え

「使い捨て」の類語や類似を紹介します。

  • 「消耗品」【しょうもうひん】
  • 「ディスポーザブル商品」【でぃすぽーざぶるしょうひん】

「消耗品」【しょうもうひん】

「消耗品」には、「使用、経年により減ったり、本来の性能が失われていく物」という意味があります。

例えば「テッシュペーパーは消耗品のため、頻繁に買い足さなければいけない」などという使い方をします。

「ディスポーザブル商品」【でぃすぽーざぶるしょうひん】

「ディスポーザブル商品」には「使い捨て商品」という意味があります。

あらかじめ「使い捨て」ができるように作られた商品のことを言います。

icon まとめ

「使い捨て」という言葉について見てきました。

使った後、修理や補給などをしないで捨ててしまう様子を見た時、またそのように作られたものを見た時、「使い捨て」という言葉を使ってみましょう。