意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「付き添い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「付き添い」という表現は「国王の付き添いをする」「高齢者(子供)の付き添いをする」といった文章で使われていますが、具体的にどんな意味を持っているのでしょうか?

「付き添い」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「付き添い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「付き添い」の意味
  • 「付き添い」の表現の使い方
  • 「付き添い」を使った例文と意味を解釈
  • 「付き添い」の類語や類義語


「付き添い」の意味

「付き添い」という表現は、「高齢者・乳幼児・障がい者などの支援(手助け)を必要とする人の近くに寄り添って、あれこれと必要な世話をすることや世話をする人」を意味しています。

また「付き添い」という表現には、「国王・貴族などの高貴な身分の人のそば近くに付き従って、必要なサービス・奉仕・世話をすることやその人」といった意味合いもあります。

  • 「付き添い」の読み方

「付き添い」の読み方

「付き添い」の読み方は、「つきそい」になります。



「付き添い」の表現の使い方

「付き添い」の表現の使い方を紹介します。

「付き添い」という表現は、「力添え・手助けを必要とする高齢者・病者・年少者などの近くに寄り添って、あれこれと必要な世話・介助をする場合」に使うという使い方になります。

例えば、「重度の障がい者には常に付き添いの人が必要です」といった文章で使えます。

また「付き添い」の表現は、「王侯貴族の高貴な人や主人のそばに付き従って、奉仕したり世話を焼いたりする場合」にも使うことができます。

「付き添い」を使った例文と意味を解釈

「付き添い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「付き添い」を使った例文1
  • 「付き添い」を使った例文2

「付き添い」を使った例文1

「病気をして入院している祖母の付き添いをするために、朝早くに起きて病院へと向かいました」

この「付き添い」を使った例文は、「付き添い」という表現を、「病気をして入院している祖母のすぐ近くにいて必要な世話・介助をするため」という意味で使っています。

「付き添い」を使った例文2

「私どもの一族は先祖代々、100年以上にわたって高貴な公爵様の付き添いの役割を果たしてまいりました」

この「付き添い」を使った例文は、「100年以上にわたって高貴な公爵様のそば近くに従って、奉仕したり世話をしたりする役割を果たしてきた」という意味を持つ文脈で、「付き添い」の表現を使用しています。



「付き添い」の類語や類義語

「付き添い」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「お供・護衛」
  • 「手助け・同行」

「お供・護衛」

「お供」の表現は、「高貴な人や主人に付き従って一緒に行くこと、奉仕の役をしながら一緒に行くこと」を意味しています。

「護衛」の表現は、「高貴な人・主人に従って、敵や危険から守る仕事をすること」を意味しています。

その意味から、高貴な人に付き従って色々世話するを示す「付き添い」の類語(シソーラス)として、「お供・護衛」を上げられます。

「手助け・同行」

「付き添い」という表現は、「高齢者・年少者・障がい者などの近くに寄り添って、必要な手助けをすること」を意味しています。

「同行」という表現は、「ある場所まで、一緒に連れ立って行くこと、その道中で一緒にいること」を意味しています。

これらの意味から、高齢者などのそば近くにいて手助けするを意味する「付き添い」と良く似た意味の類義語として、「手助け・同行」を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「付き添い」の表現には、「衰弱した高齢の人や未熟な子供、高貴な人などのそば近くに寄り添って、いろいろと必要な世話をすることやその世話をする人」などの意味があります。

「付き添い」の類語・類義語として、「お供・護衛」「手助け・同行」などがあります。

「付き添い」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。