意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「淘汰」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「淘汰」という表現は「環境に適応できなかった生物種は自然淘汰されます」「不良品の淘汰が進みました」といった文章で使われますが、「淘汰」にはどんな意味があるのでしょうか?

「淘汰」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「淘汰」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「淘汰」の意味
  • 「淘汰」の表現の使い方
  • 「淘汰」を使った例文と意味を解釈
  • 「淘汰」の類語や類義語


「淘汰」の意味

「淘汰」という表現は、「水で洗って、石・砂をより分ける」の意味から転じて、「不必要なもの・適応できないものを除き去ること、排除すること」を意味しています。

「淘汰」は、「流水・風による運搬過程で、堆積物(たいせきぶつ)が粒の大きさ・形状・比重などに応じて自然に選別される現象」の意味も持っています。

また「淘汰」の表現は、「自然界においてより良く環境に適応した個体・遺伝子が生き残って、そうでないものが滅亡する現象。

自然選択」
を意味しています。

  • 「淘汰」の読み方

「淘汰」の読み方

「淘汰」の読み方は、「とうた」になります。



「淘汰」の表現の使い方

「淘汰」の表現の使い方を紹介します。

「淘汰」という表現は、「自然界でより良く環境・生殖に適応した個体・遺伝子が生き残り、そうでないものが滅びる」という自然選択の意味合いで使うという使い方があります。

また「必要で有用なもの・適応するものを選り分けて、そうでないものを排除すること」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「実力勝負で淘汰されないように、日々のトレーニングに励んでいます」といった文章で使用できます。

「淘汰」を使った例文と意味を解釈

「淘汰」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「淘汰」を使った例文1
  • 「淘汰」を使った例文2

「淘汰」を使った例文1

「不良生徒の教育を諦めて、停学・退学などの処分で無理やり淘汰しようとする考え方には賛同できません」

この「淘汰」を使った例文は、「淘汰」という表現を、「停学・退学などの処分で無理やり排除しよう(取り除こう)とする考え方」という意味で使用しています。

「淘汰」を使った例文2

「自然淘汰はDNA(遺伝子)の突然変異と並んで、生物界の長い時間軸で起こる進化を説明できる二大原因の一つとされています」

この「淘汰」を使った例文は、「環境・生殖により良く適応した個体が遺伝子を継続していく考えは、DNA(遺伝子)の突然変異と並んで」という意味を持つ文脈で、「淘汰」の表現を使っています。



「淘汰」の類語や類義語

「淘汰」の類語や類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「自然選択・選別」
  • 「排除・篩い落とし」

「自然選択・選別」

「淘汰」という表現は、「自然界において環境・生殖行動により良く適応した個体の遺伝子が残り、そうでない個体の遺伝子が失われるという自然選択の現象」「必要なものと不必要なものの選別・選り分け」を意味しています。

その意味合いから、「淘汰」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「自然選択・選別」を指摘できます。

「排除・篩い落とし」

「淘汰」という表現は、「環境に適応できないもの・有用性や必要性がないものを排除すること」を意味しています。

また「淘汰」には、「適応度や必要性などによって多くの個体を選別して、劣ったものを篩い落とすこと」の意味もあります。

それらの意味から、「淘汰」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「排除・篩い落とし」を上げられます。

icon まとめ

この記事で解説した「淘汰」の表現には、「水で洗って物質(砂粒)を選り分けること」「環境により良く適応した生物種が子孫を多く残して、他は滅亡していく自然選択の生物学的な現象」などの意味があります。

「淘汰」の類語・類義語として、「自然選択・選別」「排除・篩い落とし」などがあります。

「淘汰」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。