意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「添削」とは?意味や使い方!例文や解釈

「添削」という表現は「赤ペン先生に答案を添削してもらう」「作文の添削にはかなり時間がかかる」といった文章で使われていますが、「添削」にはどんな意味があるのでしょうか?

「添削」という表現の「意味・使い方・例文と解釈・類義語・添削と修正の違い・英語」などについて解説していきます。

Meaning-Book
「添削」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「添削」とは?
  • 「添削」の表現の使い方
  • 「添削」を使った言葉と意味を解釈
  • 「添削」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「添削」と「修正」の意味の違い
  • 「添削」の類語や類義語・言い換え
  • 「添削」の英語と解釈


「添削」とは?

「添削」という表現は、「他人の書いた文章・詩歌・答案などをより適切なものにするため、書き加えたり削ったりして改め直すこと」を意味しています。

また「添削」という言葉には、「他人の作品である書道の文字・絵画などの不十分な部分を指摘して、手直し(修正)すること」といった意味合いもあります。

書道の添削では、「朱筆(赤色の墨)」を用いて文字の間違いを手直ししていきます。

  • 「添削」の読み方

「添削」の読み方

「添削」の読み方は、「てんさく」になります。



「添削」の表現の使い方

「添削」の表現の使い方は、「他人の書いた文章作品・詩歌・答案などをより適切な内容にするため、ふさわしい言葉を添えたり不適切な語句を削ったりする場合」に使うという使い方になります。

例えば、「この通信教育のプランでは、専門講師の先生が答案の丁寧な添削までしてくれます」といった文章で使用することができます。

また「添削」という表現は、「他人が書いた(描いた)書道の文字・絵画などの不十分・不適切な点を指摘して、手直ししたり修正したりする場合」にも使うことができるのです。

「添削」を使った言葉と意味を解釈

「添削」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「添削する」【てんさくする】
  • 「作文の添削」【さくぶんのてんさく】
  • 「絵画の添削」【かいがのてんさく】

「添削する」【てんさくする】

「添削する」という表現は、「他人の文章作品・詩歌などをより良いものにするため、適切な言葉を添えたり不要な語句を削ったりすること」を意味しています。

例えば、「他人の小説を偉そうに添削するほど、私には小説を自分で構想して書く能力がありません」といった文章で、「添削する」の表現が使われます。

「作文の添削」【さくぶんのてんさく】

「作文の添削」という言葉は、「主に小中学校の先生が、受け持っている生徒が書いた作文をより適切なものにするため、必要な語句を書き加えたり不要な語句を削除したりすること」を意味しています。

例えば、「昨夜は、生徒たちの作文の添削で、深夜まで起きて仕事をしていました」などの文章で、「作文の添削」の表現を使用することができます。

「絵画の添削」【かいがのてんさく】

「絵画の添削」という言葉は、「画家(美術の先生)が他人(弟子)が描いた絵画を見て、その絵画の不十分な点を指摘したり、適切な手直しをしたりすること」を意味しています。

例えば、「日本の画壇で評価の高い画家の先生に、自分の絵画の添削をしてもらえるということは本当にありがたいことです」といった文章で使用されています。



「添削」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「添削」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「添削」を使った例文1
  • 「添削」を使った例文2

「添削」を使った例文1

「学校の先生は国語の授業で大勢の生徒の作文を添削しなければならないので、大変な作業量になります」

この「添削」を使った例文は、「添削」という表現を、「大勢の生徒の作文をより良いものにするために、必要な語句を加えたり不要な語句を削ったりする」という意味を持つ文脈で使用しています。

「添削」を使った例文2

「これから更に書の道を極めていきたいという志を持っているので、高名な書道の先生に自分の文字の添削をお願いしました」

この「添削」を使った例文は、「高名な書道の先生に自分の書いた文字の悪い部分の指摘・手直し(修正)をお願いした」という意味合いで、「添削」という表現を使っています。

「添削」と「修正」の意味の違い

「添削」という表現は、「他人の文章・詩歌・答案などをより適切なものにするために、新たに書き加えたり言葉を削ったりして改めること」を意味しています。

それに対して、「修正」という表現は「(自分のものでも他人のものでも)文章・作品などにおいて不十分・不適当と思われるところを改め直すこと」を意味しているという違いがあります。

「添削」は基本的に「他人の文章作品・習字の文字・絵画などを見て、必要なものを書き加えたり不要なものを削ったりすること」を意味していますが、「修正」「自分の文章作品も含めて不十分な点を改め直すこと」を意味しているという違いがあるのです。

「添削」の類語や類義語・言い換え

「添削」の類語・類義語・言い換えを紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「編集・推敲」
  • 「加筆・改稿」
  • 「書き直し・リライト」

「編集・推敲」

「編集」という表現は、「一定の方針(目的)に従って資料・材料を収集整理(取捨選択)し、新聞・雑誌・書物・映像などにまとめること」を意味しています。

「推敲」というのは、「より良い詩歌を作るため、詩の字句・文章を十分に吟味(考慮)して練り直すこと」を意味する言葉です。

これらの意味から、他人の文章作品を見て修正することを示す「添削」と良く似た類語(シソーラス)として、「編集・推敲」を上げられます。

「加筆・改稿」

「加筆」という言葉は、「文章作品に不足している言葉・内容を後から付け加えること」を意味しています。

「改稿」という表現は、「一度書き上げた原稿の内容を、更に改良するために書き直すこと」を意味しています。

それらの意味合いから、他人の文章に語句を加えたり削ったりすることを意味する「添削」という表現は、「加筆・改稿」という表現で言い換えることができるのです。

「書き直し・リライト」

「添削」という表現は、「他人の書いた文章・詩歌・答案などを見直して、不十分な点を改めて書き直すこと」を意味しています。

「リライト」という英語の表現は、「原稿や文章をより適切な内容へと書き直すこと」を意味します。

この意味から、「添削」と近い類似の意味を持つ類義語として、「書き直し・リライト」を指摘できます。

「添削」の英語と解釈

「添削」という言葉を英語で書き表して、その意味を解釈していきます。

“correct, correction”(添削する・添削)

“have one's composition corrected”(~の作文を添削してもらう)

“touch up”(修正する・仕上げる・添削する)

“He had his long composition corrected by his teacher during the summer vacation.”

「添削」という言葉を使ったこの英語の例文は、「彼は夏休みの間に、長い作文を先生から添削してもらいました」ということを意味しています。

icon まとめ

この記事で解説した「添削」の表現には、「他人の文章・詩歌・答案などをより良いものにするため、書き加えたり削ったりして改めること」などの意味があります。

「添削」の類語・類義語として、「編集・推敲」「加筆・改稿」「書き直し・リライト」などがあります。

「添削」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。