意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「阻害」とは?意味や類語!例文と解釈

「阻害」という表現は「業務の効率性を阻害する原因」「都市の持続的発展を阻害する」といった文章で使われますが、「阻害」にはどのような具体的な意味があるのでしょうか?

「阻害」という表現の「意味・読み方・使い方・対義語・例文・類義語」などについて、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「阻害」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「阻害」とは?
  • 「阻害」の表現の使い方
  • 「阻害」の対義語
  • 「阻害」を使った例文と意味を解釈
  • 「阻害」の類語や類義語


「阻害」とは?

「阻害」という表現は、「物事の成長・発展などを妨げる(さまたげる)こと」「ある人・活動の邪魔をすること」を意味しています。

「阻害」というのは、「何らかの物事が、速やかに(スムーズに)成長したり発展したりすることを妨げて邪魔をする」という意味のニュアンスを持つ表現なのです。

化学用語としての「阻害」は、「ある現象や作用をそれ以上進まないように阻止すること」を意味しています。

化学用語では、「抑制」「阻害」はほぼ同じ意味で使われているのです。

  • 「阻害」の読み方

「阻害」の読み方

「阻害」の読み方は、「そがい」になります。



「阻害」の表現の使い方

「阻害」の表現の使い方は、「物事の成長・発展などを妨げる場合」「ある人・活動の邪魔をする時」に使うという使い方になります。

例えば、「ビジネスの成長を阻害する要因を急いで改善しなければなりません」「彼の途上国での慈善事業を阻害している勢力があるようです」といった文章で、「阻害」の表現を使用することができます。

「阻害」の対義語

「阻害」の対義語は、「助長(じょちょう」になります。

「助長」という表現は、「支援して(力を加えて)、ある物事の成長・発展を助けること」「影響を与えて、ある傾向・特性を著しくすること」を意味しています。

その意味合いから、物事の成長・発展を妨げたり人のやることを邪魔したりする「阻害」とは反対の意味を持つ対義語として、「助長」を上げることができます。



「阻害」を使った例文と意味を解釈

「阻害」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「阻害」を使った例文1
  • 「阻害」を使った例文2

「阻害」を使った例文1

「子供の健康な心身の成長を阻害する要因には、栄養不足の他にも愛情不足や劣悪な環境などがあります」

この「阻害」を使った例文は、「子供の健康な心身の成長を妨げる要因(妨害する要因)」という意味合いで、「阻害」という表現を使用しています。

「阻害」を使った例文2

「国家の持続的な発展を阻害しないように、政治家は税金と社会保障の最適なバランスを整えていく必要と責務があります」

この「阻害」を使った例文は、「阻害」という表現を、「国家の持続的な発展を邪魔しないように」という意味を持つ文脈で使っています。

「阻害」の類語や類義語

「阻害」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「妨害・妨げる」
  • 「邪魔・阻む」

「妨害・妨げる」

「阻害」という表現は、「ある物事の成長・発展がスムーズに進まないように妨害すること、妨げること」を意味しています。

その意味合いから、「阻害」という表現とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「妨害・妨げる」という表現を上げることができるのです。

「邪魔・阻む」

「阻害」という言葉は、「人がやろうとしていることが上手くいかないように邪魔すること」「ある物質の作用などが発現しないように邪魔して阻むこと」を意味しています。

「邪魔」の言葉は「物事の進展を妨害すること」「人のやることを妨げること」を意味していて、「阻む」の表現は「人の意図・活動や物質の作用などを邪魔して妨げること」を意味しています。

それらの意味合いから、「阻害」と近しい類似した意味を持つ類義語として、「邪魔・阻む」という表現を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「阻害」の表現には、「物事の成長・発展などを妨げること」「人のすること・何かの働きなどを邪魔すること」などの意味があります。

「阻害」の類語・類義語として、「妨害・妨げる」「邪魔・阻む」などがあります。

「阻害」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。