意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「傲り高ぶる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「傲り高ぶる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「傲り高ぶる」という言葉を使った例文や、「傲り高ぶる」の類語を紹介して行きます。

傲り高ぶる

Meaning-Book
「傲り高ぶる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「傲り高ぶる」とは?意味
  • 「傲り高ぶる」の表現の使い方
  • 「傲り高ぶる」を使った例文や短文など
  • 「傲り高ぶる」の類語や類義語・言い換え


「傲り高ぶる」とは?意味

「傲り高ぶる」には、「他人をあなどり、思い上がった態度を取ること」という意味があります。

  • 「傲り高ぶる」の読み方

「傲り高ぶる」の読み方

「傲り高ぶる」の読み方は、「おごりたかぶる」になります。



「傲り高ぶる」の表現の使い方

「傲り高ぶる」の表現の使い方を紹介します。

「傲り高ぶる」には、「他人をあなどり、思い上がった態度を取ること」という意味があります。

そのため、他人をあなどったり、思い上がった態度を取っていると感じる人を見た時に、「傲り高ぶる」という言葉を使ってみましょう。

例えば、プロ野球の新人選手が、先輩に対して、生意気な態度を取ったり、取材陣に対して、失礼な態度を取っているのを見た時、他人をあなどり、思い上がった態度を取っていると言えます。

そのような様子を、「新人選手が傲り高ぶり、先輩や取材陣に生意気な態度を取る」などと、「傲り高ぶる」を使って説明できます。

「傲り高ぶる」を使った例文や短文など

「傲り高ぶる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「傲り高ぶる」を使った例文1
  • 「傲り高ぶる」を使った例文2

「傲り高ぶる」を使った例文1

「コネ入社の新入社員が、『傲り高ぶり』嫌われる」

この例文は、経営陣などのコネで入社した新入社員が、他の社員をあなどり、思い上がった態度を取ったため、周囲の人に嫌われてしまった」という意味があります。

このように「傲り高ぶる」には、「他人をあなどり、思い上がった態度を取ること」という意味があります。

「傲り高ぶる」人は、嫌われるのが宿命かもしれません。

「傲り高ぶる」を使った例文2

「若い頃の、『傲り高ぶった』態度を思い出し、顔が赤くなる」

この例文は、自分が若い頃に、他人をあなどったり、思い上がった態度を取ったことを思い出して、恥ずかしくなったという意味があります。

若い頃の一時期に、このような「傲り高ぶる」態度を取ってしまうのは、仕方のないことなのかもしれません。



「傲り高ぶる」の類語や類義語・言い換え

「傲り高ぶる」の類語や類似を紹介します。

  • 「偉ぶる」【えらぶる】
  • 「傲慢」【ごうまん】

「偉ぶる」【えらぶる】

「偉ぶる」には「偉そうに振る舞う」という意味があります。

「偉ぶる上司」には「偉そうに振る舞う上司」という意味があり、本当に偉いとは思われていないことが分かります。

「傲慢」【ごうまん】

「傲慢」には「傲り高ぶること」という意味があります。

「若くして成功したため、傲慢な態度を取りたがる」という文章には、「若くして成功した人が、他人をあなどって思い上がった態度を取りたがる」という意味があります。

「傲慢な上司」「傲慢な美女」などという使い方をします。

icon まとめ

「傲り高ぶる」という言葉について見てきました。

他人をあなどり、思い上がった態度を取る様子を見た時、「傲り高ぶる」という言葉を使ってみましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。