意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「命名」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「命名」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「命名」という言葉を使った例文や、「命名」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「命名」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「命名」とは?意味
  • 「命名」の表現の使い方
  • 「命名」を使った例文や短文など
  • 「命名」の類語や類義語・言い換え


「命名」とは?意味

「命名」には、「名前を付けること」という意味があります。

  • 「命名」の読み方

「命名」の読み方

「命名」の読み方は、「めいめい」になります。



「命名」の表現の使い方

「命名」の表現の使い方を紹介します。

「命名」には、「名前を付けること」という意味があります。

そのため、誰かに名前を付けている様子を見た時、「命名」という言葉を使ってみましょう。

例えば、子供が生まれた時、名前を考えることになります。

そして考えた挙句、名前を決めた時に、「子供の名前を命名する」「命名」を使った文章を作れます。

様々な名前を付ける行為に対して、「命名」という言葉を使ってみましょう。

「命名」を使った例文や短文など

「命名」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「命名」を使った例文1
  • 「命名」を使った例文2

「命名」を使った例文1

「初孫の名前を『命名』する栄誉に預かる」

この例文は、初めて生まれた孫の名前を付けていいという誉れな権利を受けることになった、祖父や祖母についての文章になります。

孫が将来、元気に幸せに生きられるよう、「命名」する祖父や祖母として、責任を負うことにもなります。

とはいえ、自分で名づけた孫がいる喜びは、何物にも代えられないかもしれません。

「命名」を使った例文2

「飼い始めた犬の名前を『命名』するため、夫婦でミーティングを開く」

この例文に登場する夫婦は、最近犬を飼い始めたようです。

そのため、犬の名前を付けようと、夫婦で会議をすることになりました。

このような会議は、とても楽しく盛り上がるかもしれません。



「命名」の類語や類義語・言い換え

「命名」の類語や類似を紹介します。

  • 「名付け親」【なづけおや】
  • 「ネーミング」【ねーみんぐ】

「名付け親」【なづけおや】

「名付け親」には「生まれた子に名前を付ける人」という意味があります。

かつては主に母型の祖父が命名したようです。

「孫の名付け親になれるのは光栄だ」という言葉には、「生まれた孫に、名前を付けられるのは、幸せだ」という意味があります。

他に「住職に名付け親になることを頼む」「社長に、子供の名付け親になってもらう」などと、「名付け親」という言葉を使います。

「ネーミング」【ねーみんぐ】

「ネーミング」には、「名前を付けること」という意味があります。

「ネーミングセンスがいい」という言葉には、「名前を付ける感覚が鋭い」などという意味があります。

「ネーミングしてもらう」「商品にネーミングする」などという使い方をします。

icon まとめ

「命名」という言葉について見てきました。

誰かの名前を付けている様子を見た時、「命名」という言葉を使ってみましょう。