意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「周りの目」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「周りの目」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「周りの目」という言葉を使った例文や、「周りの目」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「周りの目」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「周りの目」とは?意味
  • 「周りの目」の表現の使い方
  • 「周りの目」を使った例文や短文など
  • 「周りの目」の類語や類義語・言い換え


「周りの目」とは?意味

「周りの目」には、「世間や周りにいる人々の視線や注目」という意味があります。

  • 「周りの目」の読み方

「周りの目」の読み方

「周りの目」の読み方は、「まわりのめ」になります。



「周りの目」の表現の使い方

「周りの目」の表現の使い方を紹介します。

「周りの目」には、「世間や周りにいる人々の視線や注目」という意味があります。

そのため、人々の視線、または注目を感じた時に、「周りの目」という言葉を使ってみましょう。

例えば、まだ付き合いたてのラブラブの時期のカップルがいます。

デートをした後、駅で別れる時に、彼氏の方がキスをしようとします。

しかし、彼女は駅前のため、人々の視線を浴びるのが嫌なので、断ろうとします。

このような心情を、「周りの目があるから、心でキスはしたくない」「周りの目」という言葉を使って彼氏に伝えられます。

「周りの目」を使った例文や短文など

「周りの目」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「周りの目」を使った例文1
  • 「周りの目」を使った例文2

「周りの目」を使った例文1

「『周りの目』が気になるため、露出の多い服装を避ける」

この例文は、人々の視線や注目が気になるために、露出の多い服装を避けている女性についての文章になります。

このように「周りの目」には、「人々の視線や注目」という意味があります。

「周りの目」を使った例文2

「『周りの目』を気にしていたら何もできない」

この例文には、人々の視線や注目されることを、いちいち気にしていたら何もできないという意味があります。

先ほどの露出の多い服も、「周りの目」さえ気にしなければ、着られます。

好きな服装をしてモチベーションが上がれば、仕事の成果も上がるかもしれません。

また露出の多い服により、スタイルの良さが周囲に伝わり、素敵な彼氏ができるかもしれません。

このように「周りの目」を気にしないだけで、人生が好転することもあるかもしれません。



「周りの目」の類語や類義語・言い換え

「周りの目」の類語や類似を紹介します。

  • 「他人の目」【たにんのめ】
  • 「衆目」【しゅうもく】

「他人の目」【たにんのめ】

「他人の目」には「他の人の視線や注目」という意味があります。

「他人の目を気にする」という言葉には、「他の人の、視線や注目を気にする」という意味があります。

「他人の目が気になる」「他人の目を無視する」などという使い方をします。

「衆目」【しゅうもく】

「衆目」には「多くの人の目」という意味があります。

「衆目を集める」という言葉には、「多くの人の注目を集める」という意味があります。

「衆目を驚かす」「衆目にメッセージを送る」などという使い方をします。

icon まとめ

「周りの目」という言葉について見てきました。

人々の視線や注目を感じる時、「周りの目」という言葉を使ってみましょう。