意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「実入りが少ない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「実入りが少ない」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「実入りが少ない」という言葉を使った例文や、「実入りが少ない」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「実入りが少ない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「実入りが少ない」とは?意味
  • 「実入りが少ない」の表現の使い方
  • 「実入りが少ない」を使った例文や短文など
  • 「実入りが少ない」の類語や類義語・言い換え


「実入りが少ない」とは?意味

「実入りが少ない」には、「収入や儲けが少ない」という意味があります。

  • 「実入りが少ない」の読み方

「実入りが少ない」の読み方

「実入りが少ない」の読み方は、「みいりがすくない」になります。



「実入りが少ない」の表現の使い方

「実入りが少ない」の表現の使い方を紹介します。

「実入りが少ない」には、「収入や儲けが少ない」という意味があります。

そのため、収入や儲けが少ない仕事などについて話す時、「実入りが少ない」という言葉を使ってみましょう。

例えば、飲食店を開業したものの、あまりお客さんが来ずに、儲けが少なくない時期もあるかもしれません。

このようなお店の様子を、「飲食店を開いたが、客が集まらず、実入りが少ない」など、「実入りが少ない」という言葉を使って表現できます。

「実入りが少ない」を使った例文や短文など

「実入りが少ない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「実入りが少ない」を使った例文1
  • 「実入りが少ない」を使った例文2

「実入りが少ない」を使った例文1

「役者は売れないと『実入りが少ない』ため、就職を考える」

この例文は、大学時代などに演劇をしていた人が、劇団に進んでプロになるか、売れないと収入が少ない役者人生をあきらめて、就職するか考えている場面になります。

このように、「実入りが少ない」には「儲けが少ない」という意味があります。

ただし役者として売れれば、会社員ではおよそ手にできないような莫大な収入を得られるため、ハイリスクハイリターンと言えるでしょう。

「実入りが少ない」を使った例文2

「現在の仕事は『実入りが少ない』が、やりがいがあり楽しい」

この例文は、現在している仕事は、収入は物足りないが、やりがいがあるため、楽しく仕事ができているという文章になります。

このように「実入りが少ない」けれど、楽しい仕事というものはあるでしょう。

逆に「実入りは多い」けれど、辛い仕事もあるかもしれません。

「実入り」「やりがい」をはかりにかけて、働くかどうかを決めるといいかもしれません。



「実入りが少ない」の類語や類義語・言い換え

「実入りが少ない」の類語や類似を紹介します。

  • 「収入が少ない」【しゅうにゅうがすくない】
  • 「稼ぎが悪い」【かせぎがわるい】

「収入が少ない」【しゅうにゅうがすくない】

「収入が少ない」には、「給料や報酬などによる収入が必要な程度に届かないこと」という身があります。

「収入が少ないため、貧乏暮らしを強いられる」という文章には、「給料などが生活に必要な分ないため、貧乏暮らしをするしかない」という意味があります。

「稼ぎが悪い」【かせぎがわるい】

「稼ぎが悪い」には「働いて得る収入が少ない」という意味があります。

「私の夫は稼ぎが悪いため、私も働く必要がある」などという使い方をします。

icon まとめ

「実入りが少ない」という言葉について見てきました。

収入や儲けが少ない仕事などについて話す時、「実入りが少ない」という言葉を使ってみましょう。