意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「割安感」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「割安感」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「割安感」という言葉を使った例文や、「割安感」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「割安感」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「割安感」とは?意味
  • 「割安感」の表現の使い方
  • 「割安感」を使った例文や短文など
  • 「割安感」の類語や類義語・言い換え


「割安感」とは?意味

「割安感」には、「株式市場において、同業他社、株式市場全体よりも株価が安いと判断されること」という意味があります。

また「商品が、相場に比べて安く感じること」という意味があります。

  • 「割安感」の読み方

「割安感」の読み方

「割安感」の読み方は、「わりやすかん」になります。



「割安感」の表現の使い方

「割安感」の表現の使い方を紹介します。

「割安感」には、「株式市場において、同業他社、株式市場全体よりも株価が安いと判断されること」という意味があります。

例えば株式投資をする時に、自動車会社の銘柄を並べて比較するかもしれません。

全体的に高い値がついているのに、A社だけ安い場合、「A社の銘柄は、自動車株の中で割安感がある」などと「割安感」という言葉を使って説明できます。

また「割安感」には、「商品が、相場に比べて安く感じること」という意味があります。

例えばスーパーで、キャベツが普通200円で売られているのに、100円で売られていたら、相場に比べて安く感じ為「キャベツに割安感があるため、購入する」などと「割安感」を使えます。

「割安感」を使った例文や短文など

「割安感」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「割安感」を使った例文1
  • 「割安感」を使った例文2

「割安感」を使った例文1

「特に悪い材料がないのに、前日から100円も下がった銘柄は『割安感』がある」

この例文は、株式市場で投資をしている人の様子になります。

業績が悪い、不祥事を起こしたなどの悪い材料がないのに、なぜか前日から100円値を下げている銘柄を見つけたため、安いと判断したという意味があります。

このように「割安感」には、「株式市場において、同業他社、株式市場全体よりも株価が安いと判断されること」という意味があります。

「割安感」を使った例文2

「美味しくて安いカップラーメンには、『割安感』を感じる」

この例文は、お店のラーメンに負けないほど美味しく、それでいて100円前後で買えるカップラーメンは、食品全体の相場よりも安く感じるという意味があります。

このように「割安感」には、「商品が、相場に比べて安く感じること」という意味もあります。



「割安感」の類語や類義語・言い換え

「割安感」の類語や類似を紹介します。

  • 「お買い得」【おかいどく】
  • 「お値打ち」【おねうち】

「お買い得」【おかいどく】

「お買い得」には、「買って得な商品」「割安な商品」という意味があります。

「お買い得商品を狙って買い物をする」などという使い方をします。

「お値打ち」【おねうち】

「お値打ち」には「お買い得な価格設定」という意味があります。

「お値打ち価格」「お値打ちのため購入しよう」などという使い方をします。

icon まとめ

「割安感」という言葉について見てきました。

株式市場において、同業他社、株式市場全体よりも株価が安いと判断されることを言葉にする時などに、「割安感」という言葉を使ってみましょう。