意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「命懸け」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「命懸け」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「命懸け」という言葉を使った例文や、「命懸け」の類語を紹介して行きます。

命懸け

Meaning-Book
「命懸け」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「命懸け」とは?意味
  • 「命懸け」の表現の使い方
  • 「命懸け」を使った例文や短文など
  • 「命懸け」の類語や類義語・言い換え


「命懸け」とは?意味

「命懸け」には、「死ぬ覚悟で物事をすることや、その様子」という意味があります。

  • 「命懸け」の読み方

「命懸け」の読み方

「命懸け」の読み方は、「いのちがけ」になります。



「命懸け」の表現の使い方

「命懸け」の表現の使い方を紹介します。

「命懸け」には、「死ぬ覚悟で物事をすることや、その様子」という意味があります。

そのため、死ぬ覚悟で何かをする人を見た時、「命懸け」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ビルとビルの間のロープを張り、綱渡りする人は、死ぬ覚悟でことをしているのではないでしょうか。

ロープから落ちたら、ビルから投げ出され、生きて戻れないためです。

そのため、この様子を「命懸けで綱渡りする」などと、「命懸け」という言葉を使って表現できます。

「命懸け」を使った例文や短文など

「命懸け」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「命懸け」を使った例文1
  • 「命懸け」を使った例文2

「命懸け」を使った例文1

「転職先の会社では、『命懸け』で仕事をしようと誓う」

この例文は、転職先の会社に行ったら、死ぬ覚悟で仕事をしようと誓っているという文章になります。

以前の会社では頑張りきれなかったという無念があるためかもしれません。

このように、「命懸け」には「死ぬ覚悟で何かをする」という意味があります。

「命懸け」を使った例文2

「次の試合の相手はとても強いため、『命懸け』の試合になるだろう」

この例文は格闘技の選手が、次回の相手がとても強いため、死ぬ覚悟で試合をすることになるだろうと、予想している場面になります。

実際に格闘技の試合では、負けた選手が亡くなることもあるため、「命懸け」というのは大げさな表現ではないでしょう。



「命懸け」の類語や類義語・言い換え

「命懸け」の類語や類似を紹介します。

  • 「死ぬ気で」【しぬきで】
  • 「決死」【けっし】

「死ぬ気で」【しぬきで】

「死ぬ気で」には、「死をも厭わない気概でことに当たる」という意味があります。

「死ぬ気で、敵に向かう」という言葉には、「死をも厭わないような気概で、敵に立ち向かって行く」という意味があります。

「死ぬ気で走る」「死ぬ気で努力する」などという使い方をします。

「決死」【けっし】

「決死」には、「死をも覚悟して物事に当たること」という意味があります。

「決死の覚悟で、大蛇がいる洞穴に入る」という言葉には、「死をも覚悟して、大蛇がいるであろう、洞穴の中に入る」という意味があります。

「決死で、ことに当たる」「決死隊」などという使い方をします。

icon まとめ

「命懸け」という言葉について見てきました。

誰かが死ぬ覚悟で物事をすることや、その様子を見た時、「命懸け」という言葉を使ってみましょう。