意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「頭打ち」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「頭打ち」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「頭打ち」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「頭打ち」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「頭打ち」の意味
  • 「頭打ち」の表現の使い方
  • 「頭打ち」を使った例文と意味を解釈
  • 「頭打ち」の類語や類義語


「頭打ち」の意味

「頭打ち」とは物事が一定の水準に達したことで、それ以上伸びることが期待できないことを言います。

また上がっていた相場がそれ以上上がらないという意味でもあります。

  • 「頭打ち」の読み方

「頭打ち」の読み方

「頭打ち」の読み方は、「あたまうち」になります。



「頭打ち」の表現の使い方

「頭打ち」の表現の使い方を紹介します。

「頭打ち」とは物事が一定の水準に達して、それ以上伸びない時に使います。

「順調に昇給させていたが、そろそろここらで頭打ちだな」などと言いますのは、これ以上はもう昇給は難しいという意味となります。

「伸び盛りもあってどんどん上達していたが、頭打ちのようだ」「給料は55才で頭打ちで、そこからは手当がなくなる分、手取りは下がるんだ」などと使います。

「頭打ち」を使った例文と意味を解釈

「頭打ち」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「頭打ち」を使った例文1
  • 「頭打ち」を使った例文2

「頭打ち」を使った例文1

「そんなに調子良くは行かなかった、給料は3年前から頭打ちさ」

給料が「頭打ち」ということは、そこから伸びないということで、ようするに3年前から給料の金額が変わっていない、昇給していないという意味になります。

「頭打ち」を使った例文2

「最初は順調だったけれど、募集をかけても人集まらないし、売上もそれほどだし、経営状況としてはすでに頭打ちと言えるだろうね」

会社、店舗の経営状態が行き詰っている、この先伸びることが期待できない状態になっていることを「頭打ち」と言います。

「頭打ち」という言葉には、たんなるスランプ、不調ということではなく「限界」というニュアンスがあります。



「頭打ち」の類語や類義語

「頭打ち」の類語や類義語を紹介します。

  • 「停滞」【ていたい】
  • 「横ばい」【よこばい】
  • 「難航」【なんこう】

「停滞」【ていたい】

「停滞」とは一か所に留まり、身動きがとれないことを言います。

「このところ、調子が悪いというか作業が停滞気味だ」という風に使います。

「横ばい」【よこばい】

「横ばい」とは横に這うことという意味ですが、相場、物の値段、売上、給料など変動が少ないことを言います。

「売上が極端に悪いわけではないけれど、横ばい状態が続いているので何とか打開したい」「値段は横ばいだし、出回っている数も多いし、そう慌てて買わなくてもいいだろう」などと使います。

「難航」【なんこう】

「難航」とは強風などで船が進まないという意味と、障害の為に物事がスムーズにいかないという意味があります。

「台風の為難航しています」「取引は難航しているが、上手くまとめる自信はある」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「頭打ち」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。