意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「取り巻き」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「取り巻き」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「取り巻き」という言葉を使った例文や、「取り巻き」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「取り巻き」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「取り巻き」とは?意味
  • 「取り巻き」の表現の使い方
  • 「取り巻き」を使った例文や短文など
  • 「取り巻き」の類語や類義語・言い換え


「取り巻き」とは?意味

「取り巻き」には、「金や権力のある人のそばにいてご機嫌を取ること」という意味があります。

  • 「取り巻き」の読み方

「取り巻き」の読み方

「取り巻き」の読み方は、「とりまき」になります。



「取り巻き」の表現の使い方

「取り巻き」の表現の使い方を紹介します。

「取り巻き」には、「金や権力のある人のそばにいてご機嫌を取ること」という意味があります。

そのため、そのような態度を取っている人を見た時に、「取り巻き」という言葉を使ってみましょう。

例えば、特に仕事もせず、社長の周囲にいて機嫌取りをしている人が思い浮かぶかもしれません。

このような人は、権力のある人のそばにいてご機嫌を取っていることになります。

そのため「彼は社長の取り巻きだ」などと「取り巻き」を使って、その人の様子を説明してみましょう。

「取り巻き」を使った例文や短文など

「取り巻き」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「取り巻き」を使った例文1
  • 「取り巻き」を使った例文2

「取り巻き」を使った例文1

「A社長の『取り巻き』が店のあちこちにいるため、きっと社長も店の中にいる」

この例文は、A社長がいる場所を探してあるお店の来た時、あちこちに社長のご機嫌を取っている連中の姿があるのを見て、社長がこの店にいることを確信した場面になります。

このように「取り巻き」には、「金や権力のある人のそばにいてご機嫌を取ること」という意味があります。

「取り巻き」を使った例文2

「今はボスの『取り巻き』の一人にすぎないが、いつかは独り立ちしたい」

この例文は、ある人が、現在はボスのそばにいて、機嫌を取っているだけの存在だが、いつかは独り立ちして立派になりたいと思っているという場面になります。

このように通過点として「取り巻き」として活動している人もいるかもしれません。



「取り巻き」の類語や類義語・言い換え

「取り巻き」の類語や類似を紹介します。

  • 「追っかけ」【おっかけ】
  • 「手先」【てさき】

「追っかけ」【おっかけ】

「追っかけ」には、「有名人や芸能人を追いかける人々」という意味があります。

誰かを熱狂的に支持し、先回りしてテレビ局で出入りする姿を見ようとしたり、全てのライブに参加しようとする人のことを言います。

「手先」【てさき】

「手先」には、「手下となって使われる人」という意味があります。

「手先から倒す」という言葉には、「手下となって使われている人から、倒して行く」という意味になります。

「悪の手先」「盗賊の手先」などという使い方をします。

icon まとめ

「取り巻き」という言葉について見てきました。

金や権力のある人のそばにいてご機嫌を取る様子を見た時、「取り巻き」という言葉を使ってみましょう。