意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「減らされる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「減らされる」という言葉を色々な場面で耳にしたことがあるかと思います。

この言葉には、物の数や程度が少なくなるような意味合いが感じられるのですが、実際にはどのような解釈ができて、どんなシチュエーションで使われているのでしょう?

今回は、この「減らされる」という表現にフォーカスして考察していきたいと思います。

減らされる

Meaning-Book
「減らされる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「減らされる」の意味
  • 「減らされる」の表現の使い方
  • 「減らされる」を使った例文と意味を解釈
  • 「減らされる」の類語や類義語


「減らされる」の意味

「減らされる」「減らす」の未然形の「減らさ」に、受身・尊敬・自発・可能の助動詞としての役割を持つ「れる」が付いた形の言葉です。

意味としては「数・量や程度が少なくさせられる」、あるいは「減じられる」ということを指しています。

  • 「減らされる」の読み方

「減らされる」の読み方

「減らされる」「へらされる」という読み方になりますので、ここでしっかりとチェックしておくことにしましょう。



「減らされる」の表現の使い方

「減らされる」「物の数なとが少なくさせられる」という意味になりますが、身近な活用例としては、「残業時間が減らされる」「給料が減らされる」という使い方があります。

「減らされる」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「減らされる」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「減らされる」を使った例文1
  • 「減らされる」を使った例文2

「減らされる」を使った例文1

「今月はお手伝いをしていなかったので、母親から小遣いの額が減らされるかもしれない。どうしよう」

親のお手伝いをすることで、お小遣いの額が変わってくるとは、ある意味、微笑ましいというか、まだ可愛い面があるなと思います。

高校生以上になると、お小遣いが減るなら、その穴埋めのために、アルバイトをしようと思うかもしれませんが、お手伝いでお小遣いがもらえるとするなら、まだ小学生の子供でしょうか。

「減らされる」を使った例文2

「不景気のせいなのか、この数年、残業時間が減らされて、その分だけ手取りも減ってきています。生活がとても苦しい」

本来、残業とは仕事が残っているためにあるものですが、まだ生活費のために、残業をしている人が少なくありません。

しかし、この数年で残業が「減らされる」傾向にあるために、多くのサラリーマンが苦しい生活を強いられています。



「減らされる」の類語や類義語

「減らされる」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「小さくさせられる」【ちいさくさせられる】
  • 「低減させられる」【ていげんさせりる】

「小さくさせられる」【ちいさくさせられる】

「小さくさせられる」「減らされる」の類義語として扱うことができます。

「物の量や数が減らさせる」という意味で使われています。

「低減させられる」【ていげんさせりる】

「低減させられる」「減らさせる」の類義語として挙げることができ、「量や数を減らられる」ということになります。

icon まとめ

「減らされる」という言葉は、決して珍しい言葉ではなく、ごく身近な場面でも使われていますが、特にビジネスマンの間では、冒頭で触れたように「残業」「給料」という話題につながりやすいので、少し神経質なキーワードかもしれません。