意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「寄越す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「寄越す」という言葉を見て、この言葉の意味が分かる人が、結構いるかと思います。

読み方が分からないだけで、どのように読めばいいのか理解できたなら、よく使われている身近な言葉であることに気付くことでしょう。

今回は、そんな「寄越す」にフォーカスして説明していくことにします。

寄越す

Meaning-Book
「寄越す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「寄越す」の意味
  • 「寄越す」の表現の使い方
  • 「寄越す」を使った例文と意味を解釈
  • 「寄越す」の類語や類義語


「寄越す」の意味

「寄越す」とは「こちらへ渡す」「くれる」「送って来る」という意味がある言葉です。

また、「行為をしかけてくる」という意味で解釈することもできます。

  • 「寄越す」の読み方

「寄越す」の読み方

「寄越す」「よこす」という読みますので、この読み方が分かれば、普段何気なく使われている言葉であることに気付くことと想います。



「寄越す」の表現の使い方

「寄越す」「送ってくる」という意味があることから、「金を寄越す」「手紙を寄越す」というような言い回しで使われています。

これもごく普通の日常生活の中での会話です。

「寄越す」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「寄越す」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「寄越す」を使った例文1
  • 「寄越す」を使った例文2

「寄越す」を使った例文1

「普段はメールやLINEで用件を伝えてくる知人が、わざわざ手紙を送って寄越すなんて、よほどのことなのでしょう」

今では普段のコミュニケーションでは、LINEでやり取りすることがほとんどでしょう。

ビジネスのコミュニケーションでも、メールの活用が当たり前になっている中で、手紙を「寄越す」とは、かなり重要な用件や相談事なのかもしれません。

それだけ手紙は、キチンとした礼儀を重んじる伝達方法なのです。

「寄越す」を使った例文2

「今時、電話を寄越すなんて、一対何があったのだろう?かなりまずいことがあったのかもしれない」

これもまた普段のこととはかなり異なる環境で、電話を「寄越した」可能性があります。



「寄越す」の類語や類義語

「寄越す」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「差し遣わす」【さしつかわす】
  • 「送り届ける」【おくりとどける】

「差し遣わす」【さしつかわす】

「差し遣わす」という言葉も「寄越す」に近い意味を持つ類義語の1つです。

古い表現ですが、「もう1つの場所へ連れて行かれる」「導かれたり、送られること」という意味になります。

「送り届ける」【おくりとどける】

「送り届ける」「寄越す」の類義語として扱うことができます。

「案内される」、または「別の場所に送信される」という意味で使われています。

icon まとめ

「寄越す」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、日常的によく使われている言葉を改めて眺めてみると、色々な使い方ができることが分かってきます。

この「寄越す」「お金を寄越す」「メールを寄越す」というような使い方ができますが、これもまた、ごくありふれた言い回しばかりです。

そのように考えると、普段から私達が意識せず口から出てくる言葉には、もっと深い意味が込められている可能性があるかと思います。