意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「出入禁止」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「出入り禁止」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「出入り禁止」という言葉を使った例文や、「出入り禁止」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「出入禁止」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「出入り禁止」とは?意味
  • 「出入り禁止」の表現の使い方
  • 「出入り禁止」を使った例文や短文など
  • 「出入り禁止」の類語や類義語・言い換え


「出入り禁止」とは?意味

「出入り禁止」には、「店舗やイベント会場において、店側や主催者側が、特定人物の出入りを拒否したり、禁止したりすること」という意味があります。

  • 「出入り禁止」の読み方

「出入り禁止」の読み方

「出入り禁止」の読み方は、「でいりきんし」になります。



「出入り禁止」の表現の使い方

「出入り禁止」の表現の使い方を紹介します。

「出入り禁止」には、「店舗やイベント会場において、店側や主催者側が、特定人物の出入りを拒否したり、禁止したりすること」という意味があります。

そこで、お店や会場から出入りを拒否されている人について、「出入り禁止」という言葉を使ってみましょう。

例えば、アイドルの握手イベントで問題行為を起こした人が、次回からイベント参加を禁止されたとします。

このような様子を、「問題を起こしたため、握手会に出入り禁止になる」「出入り禁止」という言葉を使って表現できます。

「出入り禁止」を使った例文や短文など

「出入り禁止」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「出入り禁止」を使った例文1
  • 「出入り禁止」を使った例文2

「出入り禁止」を使った例文1

「大食いが過ぎて、大盛り店から『出入り禁止』になる」

この例文は、大盛り店の「全部食べれば無料」「食べきれば賞金」などにチャレンジし、ことごとく成功させた大食いの人が、お店で食事することを禁止されたという文章になります。

このように「特定の人の出入りを拒否すること」「出入り禁止」と言います。

この場合は、「頼むから、もう来ないでください」とお願いされる感じかもしれません。

「出入り禁止」を使った例文2

「居酒屋で酔い過ぎて他の客に迷惑を掛けて、『出入り禁止』になる」

この例文は、居酒屋で酔った人が、他の客に迷惑をかけたため、お店への出入りを禁止されたという場面になります。

お酒は飲み始めると自分をコントロールできなくするため、このような迷惑を掛けて「出入り禁止」を食らいやすいかもしれません。



「出入り禁止」の類語や類義語・言い換え

「出入り禁止」の類語や類似を紹介します。

  • 「追放する」【ついほうする】
  • 「破門する」【はもんする】

「追放する」【ついほうする】

「追放」には、「不要、または有害なものとして、その社会から追い払うこと」という意味があります。

さらに「危険人物などを、国外に退去させること」という意味もあります。

「破門する」【はもんする】

「破門する」には、「指定の関係を断って、門下から除くこと」という意味があります。

また「信徒としての資格をはく奪し、追放すること」という意味もあります。

icon まとめ

「出入り禁止」という言葉について見てきました。

店舗やイベント会場において、店側や主催者側が、特定人物の出入りを拒否したり、禁止したりする様子を見た時、「出入り禁止」という言葉を使ってみましょう。