意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「思い切れない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常会話や小説などで「思い切れない」という言葉を使うことがあります。

一体どの様な意味なのか、関連語や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「思い切れない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「思い切れない」の意味
  • 「思い切れない」の表現の使い方
  • 「思い切れない」を使った例文と意味を解釈
  • 「思い切れない」の類語や類義語


「思い切れない」の意味

「思い切れない」の意味は以下の2つです。

1つ目は「諦めきれない・断念できない」という意味です。

自分でやりたいことや目標があり、それを叶えることは無理だと分っても、諦めらない時の表現です。

2つ目は「決心できない・覚悟できない」という意味です。

やりたいことや目標があり、やろうと思えばできないことはない状態なのですが、自分から行動を起こせずにうる時の表現です。

  • 「思い切れない」の読み方
  • 「思い切り」とは

「思い切れない」の読み方

「思い切れない」の読み方は、「おもいきれない」になります。

難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「思い切り」とは

「思い切れない」は動詞「思い切る」の可能形「思い切れる」の否定形です。

「思い切る」の名詞形は「思い切り」で、日常会話にも使われます。

「思い切り」の意味は2つあり、名詞として使う時には「思いを断ち切ること=あきらめ」という意味で「思い切りがいい」などに使われます。

副詞として使う時には「思う存分」という意味で「思い切り飲みたい」などに使われます。



「思い切れない」の表現の使い方

「思い切れない」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 真逆の意味がある

文法的な使い方

「思い切れない」は動詞を含んだ表現ですので、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「思い切れずに」になります。

真逆の意味がある

「思い切れない」には、「すっばりと諦められない」「決心して行動できない」という真逆の2つの意味があります。

正しく使い分けるには、それまでの話の流れをしっかりと理解することが大切です。

「思い切れない」を使った例文と意味を解釈

「思い切れない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「思い切れない」を使った例文1
  • 「思い切れない」を使った例文2

「思い切れない」を使った例文1

「元彼のことがいつまでも思い切れない」

別れた恋人に未練が残り、中々すっきりと諦めて忘れられない様子を表しています。

「思い切れない」を使った例文2

「転職したいのに中々思い切れない」

以前からずっと転職をしたいと思っているのですが、中々覚悟ができずに行動できない様子を著しています。



「思い切れない」の類語や類義語

「思い切れない」の類語や類義語を紹介します。

  • 「心残り」【こころのこり】
  • 「二の足を踏む」【にのあしをふむ】

「心残り」【こころのこり】

「人やものへの思いが後を引き、すっきりと諦められないこと」という意味です。

「二の足を踏む」【にのあしをふむ】

「覚悟を決めて行動に移せないこと」という意味で、「一歩目は踏み出したものの、二歩目は悩んでしまい踏み出せない様子」から来ています。

icon まとめ

「思い切れない」「諦めきれない・断念できない」「決心できない・覚悟できない」という2つの意味があります。

その時の話の内容により意味を使い分ける様にしましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。