意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「嘲笑う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「嘲笑う」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「嘲笑う」という言葉を使った例文や、「嘲笑う」の類語を紹介して行きます。

嘲笑う

Meaning-Book
「嘲笑う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「嘲笑う」とは?意味
  • 「嘲笑う」の表現の使い方
  • 「嘲笑う」を使った例文や短文など
  • 「嘲笑う」の類語や類義語・言い換え


「嘲笑う」とは?意味

「嘲笑う」には、「人を馬鹿にして笑う」という意味があります。

  • 「嘲笑う」の読み方

「嘲笑う」の読み方

「嘲笑う」の読み方は、「あざわらう」になります。



「嘲笑う」の表現の使い方

「嘲笑う」の表現の使い方を紹介します。

「嘲笑う」には、「人を馬鹿にして笑う」という意味があります。

そのため、誰を馬鹿にして笑っている様子を見た時、「嘲笑う」という言葉を使ってみましょう。

例えば、同じ職場の誰かが簡単なミスをして、上司に叱られるという場面があるとします。

さらに、その職場のミスをした人を、見下して笑っている人がいるかもしれません。

そのような場面を見た時、「ミスをした同僚を、嘲笑う」などと「嘲笑う」という言葉を使って文章にしてみましょう。

「嘲笑う」を使った例文や短文など

「嘲笑う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「嘲笑う」を使った例文1
  • 「嘲笑う」を使った例文2

「嘲笑う」を使った例文1

「挑戦者が猛攻を仕掛けるが、チャンピオンは『嘲笑う』かのように、軽くかわした」

この例文はボクシングの試合で、挑戦者が猛攻を掛けた場面になります。

しかしチャンピオンは、相手を見下すように笑い、軽く攻撃をかわしてしまったという場面になります。

このように、「見下して笑う」「馬鹿にして笑う」という意味が、「嘲笑う」という言葉にはあります。

力の差があれば、強い側が「嘲笑う」場面があるかもしれません。

「嘲笑う」を使った例文2

「告白に失敗した私を、『嘲笑う』クラスメートは一人もいなかった」

この例文は、告白に失敗してしまった生徒を、馬鹿にして笑うクラスメートは、一人としていなかったという文章になります。

告白するのは勇気が必要で、フラれるのは誰が悪いわけではないため、本来「嘲笑われる」ようなことではないでしょう。



「嘲笑う」の類語や類義語・言い換え

「嘲笑う」の類語や類似を紹介します。

  • 「せせら笑う」【せせらわらう】
  • 「鼻で笑う」【はなでわらう】

「せせら笑う」【せせらわらう】

「せせら笑う」には、「馬鹿にして笑う」という意味があります。

「人の失敗をせせら笑う」という言葉には、「人の失敗を見て、馬鹿にして笑う」という意味があります。

「金持ちが貧乏人を見て、せせら笑う」「成績が悪い生徒を、せせら笑う」などという使い方をします。

「鼻で笑う」【はなでわらう】

「鼻で笑う」には、「相手を見下して、嘲り笑う」という意味があります。

「格下の選手のプレーを鼻で笑う」「不細工な男性を、鼻で笑うイケメン」などという使い方をします。

icon まとめ

「嘲笑う」という言葉について見てきました。

誰を馬鹿にして笑っている様子を見た時、「嘲笑う」という言葉を使ってみましょう。