意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目撃談」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

よくネットやテレビのニュースやコラム・記事で「目撃談」という言葉が使われることがあります。

口語体として会話の中で、耳にすることもありますが、この言葉には、どのような意味があるのでしょうか?

そこで今回は、この「目撃談」にフォーカスして調べていきたいと思います。

Meaning-Book
「目撃談」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「目撃談」の意味
  • 「目撃談」の表現の使い方
  • 「目撃談」を使った例文と意味を解釈
  • 「目撃談」の類語や類義語


「目撃談」の意味

「目撃談」「目撃」には、「現場に居合わせて実際に見ること」という意味があります。

そのことから「目撃談」「現場で実際に見たことの談話」という意味になります。

  • 「目撃談」の読み方

「目撃談」の読み方

「目撃談」「もくげきだん」という読み方になりますので、ここでしっかりとチェックしておいてください。



「目撃談」の表現の使い方

「実際にその場で見たり聞いたことについての談話・コメント」となるので、その場に居合わせた人から、その時の出来事の内容を聞いて他の人に伝える場合に使われます。

典型的な活用例としては、インタビューの内容をテレビやネットを通じて伝えることが挙げられます。

「目撃談」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「目撃談」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「目撃談」を使った例文1
  • 「目撃談」を使った例文2

「目撃談」を使った例文1

「東京・多摩川の川岸にアザラシがいたという目撃談がいくつも出てきて、ちょっとした騒ぎになっている」

数年前にも、東京湾や川でアザラシが出没したことで大騒ぎになりました。

このように普段ではめったにあり得ない出来事が「目撃談」として報道されることで、多くの人の注目の的となります。

「目撃談」を使った例文2

「アメリカの研究機関の調査によれば、近年において未確認飛行物体の目撃談が年々増えていることが報告されている」

「目撃談」というと、どうしても不確定的な要素を含んだ出来事であるような印象を覚えます。

この未確認非行物体の「目撃談」も同じで、まさにUFOの存在を世間に公表していることが注目点と言えます。

世の中には、非現実的と思えることがたくさんありますが、これらのことも「目撃談」として、人の注目を集めることになります。



「目撃談」の類語や類義語

「目撃談」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「見聞きした話」
  • 「見聞したことについてのコメント」

「見聞きした話」

「見聞きした話」「目撃談」に近い意味を持つ言葉の1つになります。

意味もその名の通りで、「見たり聞いたりしたことについての話題」と言えるでしょう。

「見聞したことについてのコメント」

「見聞したことについてのコメント」という言い回しも「目撃談」に通じるものがあります。

icon まとめ

「目撃談」は、実際に自分が見たり触れたことではなく、あくまで他人の経験的なことがベースとなっています。

したがって、その「目撃談」が果たして真実なのかは定かではないことも少なくありません。

したがって物事の状況を冷静に判断するためには、客観的な捉え方をする必要もあります。