意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「成り立ち」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「成り立ち」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「成り立ち」という言葉を使った例文や、「成り立ち」の類語を紹介して行きます。

成り立ち

Meaning-Book
「成り立ち」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「成り立ち」とは?意味
  • 「成り立ち」の表現の使い方
  • 「成り立ち」を使った例文や短文など
  • 「成り立ち」の類語や類義語・言い換え


「成り立ち」とは?意味

「成り立ち」には、「ある物が、出来上がるまでの経緯や事情」という意味があります。

  • 「成り立ち」の読み方

「成り立ち」の読み方

「成り立ち」の読み方は、「なりたち」になります。



「成り立ち」の表現の使い方

「成り立ち」の表現の使い方を紹介します。

「成り立ち」には、「ある物が、出来上がるまでの経緯や事情」という意味があります。

例えば、老舗の蕎麦屋さんがある時、老舗の蕎麦屋さんになるまでには、様々な経緯や事情があったはずです。

例えば最初はお寿司屋さんで、付け合せに出していた蕎麦が評判を呼んだため、徐々に蕎麦屋にシフトしたのかもしれません。

このような様子を、「老舗蕎麦屋が初めは寿司屋だったという成り立ちを知り、感慨深く思 う」などと、「成り立ち」という言葉を使って表現してみましょう。

「成り立ち」を使った例文や短文など

「成り立ち」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「成り立ち」を使った例文1
  • 「成り立ち」を使った例文2

「成り立ち」を使った例文1

「ある人の『成り立ち』を追って、祖先まで振り返るテレビ番組が興味深い」

この例文は、ある人物がこの世に誕生するまでの、経緯や事情を追い、祖先にまで遡る番組になります。

このように「成り立ち」には、「ある物が、出来上がるまでの経緯や事情」という意味があります。

親同士がどのように出会ったか、祖父や祖母がどのような仕事をしていたかなどを振り返ると、その人の「成り立ち」が良く分かります。

「成り立ち」を使った例文2

「私たち夫婦の『成り立ち』は、あるライブがきっかけに始まった」

この例文は、ある夫婦が生まれたきっかけは、あるライブが始まりだったという文章になります。

例えば、あるライブに出演者として登場した二人が、控室などで意気投合したのかもしれません。

また二人とも同じアーティストのファンだったのかもしれません。



「成り立ち」の類語や類義語・言い換え

「成り立ち」の類語や類似を紹介します。

  • 「由縁」【ゆえん】
  • 「ヒストリー」【ひすとりー】

「由縁」【ゆえん】

「由縁」には、「由来や因縁」という意味があります。

例えば「地名の由縁を調べる」という言葉には、「どのように地名が決まったのか、ことの起こりを調べる」という意味があります。

「ヒストリー」【ひすとりー】

「ヒストリー」「歴史」という意味がある、カタカナ語になります。

「家族のヒストリー」には、「家族の歴史」という意味があります。

icon まとめ

「成り立ち」という言葉について見てきました。

ある物が、出来上がることについて話す時、またある物が、出来上がるまでの過程や事情を話す時に、「成り立ち」という言葉を使ってみましょう。