意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手違い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手違い」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「手違い」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「手違い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手違い」の意味
  • 「手違い」の表現の使い方
  • 「手違い」を使った例文と意味を解釈
  • 「手違い」の類語や類義語


「手違い」の意味

「手違い」という表現は「物事の段取りを間違えること」という意味があります。

「手順の取り違い」という意味であり、例えば手配を誤った時にも「手違いが生じました」などと言われます。

最近はオンラインショッピングをする人が増えています。

しかし、購入した商品の販売元に「手違い」が生じた場合、商品が届かない、誤った商品が届いてしまった、などというトラブルに繋がります。

  • 「手違い」の読み方

「手違い」の読み方

「手違い」の読み方は、「てちがい」になります。

日常的にも使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「手違い」の表現の使い方

「手違い」の表現の使い方を紹介します。

「手違い」というのは「物事の段取りを間違えること」「商売上の目論見が外れること」という意味になります。

例えば、何かに登録するときに「手違い」が生じてしまった場合、きちんと登録されていないという可能性が出てきます。

例えば何かに登録して「手違い」が生じた場合、ダイレクトメールが送られてこないなどというトラブルが生じるかもしれません。

「手違い」を使った例文と意味を解釈

「手違い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手違い」を使った例文1
  • 「手違い」を使った例文2

「手違い」を使った例文1

「クリスマスプレゼントをオンラインショッピングで購入したら、手違いでなかなか届きませんでした」

クリスマスやバレンタインの時期など、プレゼントなどで込み合う時期はオンラインショッピングにも「手違い」が生じるケースが多いと言われています。

配達業務なども忙しくなるため、クリスマスまでに届かなかったなどというケースもあります。

国際郵便等も年末年始はなかなか届かないことがありますので、早めに送付するようにしましょう。

「手違い」を使った例文2

「手違いで違う商品が送られてきました」

オンラインショッピングなどでプレゼントを購入しても、「手違い」で違う商品が届いた、などということもあるかもしれません。

そのような場合は発送元に問い合わせ、正しい商品を送ってもらう必要があります。

時期的に忙しい場合もあるかもしれませんが、もしも商品が違うなどということがあれば遠慮なく問い合わせなければいけません。



「手違い」の類語や類義語

「手違い」の類語や類義語を紹介します。

  • 「過失」【かしつ】
  • 「失策」【しっさく】

「過失」【かしつ】

「過失」というのは「不注意でしでかす思わぬ過ち」という意味になります。

「注意義務に違反する状態」「不注意」を指します。

「失策」【しっさく】

「失策」「物事を処理する上での失敗」という意味になります。

野球での「エラー」を指すこともあります。

icon まとめ

「手違い」という表現は日常的にも使えますので、ぜひ覚えておきましょう。

何かをするときには「手違い」がないようにしたいです。