意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「愛育」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「愛育」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「愛育」という言葉を使った例文や、「愛育」の類語を紹介して行きます。

愛育

Meaning-Book
「愛育」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「愛育」とは?意味
  • 「愛育」の表現の使い方
  • 「愛育」を使った例文や短文など
  • 「愛育」の類語や類義語・言い換え


「愛育」とは?意味

「愛育」には「可愛がって育てること」という意味があります。

  • 「愛育」の読み方

「愛育」の読み方

「愛育」の読み方は、「あいいく」になります。



「愛育」の表現の使い方

「愛育」の表現の使い方を紹介します。

「愛育」には「可愛がって育てること」という意味があります。

そのため、子供や動物などを、可愛がって育てる様子を見た時、「愛育」という言葉を使ってみましょう。

例えば、夫婦の間に初めて子供ができた時、とても張り切り、可愛がって育てる様子が見られるでしょう。

このような時、「初めての子供を、愛育している様子が微笑ましい」などと、「愛育」という表現を使って文章にできます。

このように、誰かが、可愛がって育てている様子を見た時、「愛育」という言葉を使ってみましょう。

「愛育」を使った例文や短文など

「愛育」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「愛育」を使った例文1
  • 「愛育」を使った例文2

「愛育」を使った例文1

「猫を、子供のように『愛育』する」

この例文は、子猫を、子供を育てるように、可愛がって育てるという意味があります。

このように「愛育」には「可愛がって育てる」という意味があります。

子供がいない夫婦や、独り身の人は、猫や犬を、まるで自分の子供のように育てるかもしれません。

また子育てが終わった夫婦も、子育てのやり直しのような感覚で、ペットを「愛育」するかもしれません。

「愛育」を使った例文2

「『愛育』されて育った子供が、立派な大人になるとは限らない」

この例文は、親から可愛がられて育てられた子供が、すべて立派な大人になるかどうかは分からないという意味があります。

どんなに愛されて育っても、大人になる過程で様々な人に触れ、物事に触れて、変わって行ってしまうためです。

それでも愛のない家庭で育った人より、立派な大人になるチャンスは多いかもしれません。



「愛育」の類語や類義語・言い換え

「愛育」の類語や類似を紹介します。

  • 「子育て」【こそだて】
  • 「世話」【せわ】

「子育て」【こそだて】

「子育て」「人間や動物の親が、子供を育てること」という意味があります。

「犬が子育てしている」という文章には、「犬の親が、子犬を育てている」という意味があります。

「世話」【せわ】

「世話」には、「面倒を見ること」「尽力すること」という意味があります。

また「間に立ってあっせんすること」という意味もあります。

「ペットを世話する」には「ペットの面倒を見ること、「就職を世話する」という言葉には、「間に立って、就職のあっせんをすること」という意味があります。

icon まとめ

「愛育」という言葉について見てきました。

誰かが子供などを、可愛がって育てる様子を見た時、「愛育」という言葉を使ってみましょう。