意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目減り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「目減り」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「目減り」という言葉を使った例文や、「目減り」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「目減り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「目減り」とは?意味
  • 「目減り」の表現の使い方
  • 「目減り」を使った例文や短文など
  • 「目減り」の類語や類義語・言い換え


「目減り」とは?意味

「目減り」には、「蒸発したりこぼれるなどして、品物の目方が減ること」という意味があります。

また「物の実質的な価値が低下すること」という意味があります。

  • 「目減り」の読み方

「目減り」の読み方

「目減り」の読み方は、「めべり」になります。



「目減り」の表現の使い方

「目減り」の表現の使い方を紹介します。

「目減り」には、「蒸発したりこぼれるなどして、品物の目方が減ること」という意味があります。

例えば、ボールペンをたくさん購入し、長い間放置しておくと、インクが蒸発して、インク量が減っているのに気付くことがあるかもしれません。

このような時、「ボールペンのインクが、目減りした」などと「目減り」を使って表現ができます。

また「目減り」には、「物の実質的な価値が低下すること」という意味があります。

例えば貯金していても、物価が上がってしまえば、貯金の価値が実質的に低下したと言えるでしょう。

このような様子を、「物価が上がったため、貯金が目減りした」「目減り」を使って表現ができます。

「目減り」を使った例文や短文など

「目減り」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「目減り」を使った例文1
  • 「目減り」を使った例文2

「目減り」を使った例文1

「国の人口は変わらなくても、他国の人口が増えれば、国力が『目減り』する」

この例文は、ある国の人口は変わらなくても、他国の人口が増えたら、相対的に国力が下がるという意味があります。

このように実質的に価値が減ってしまうような時、「目減り」という言葉を使います。

例えば臨戦態勢にある、隣国があるばあい、その国の人口が爆発的に増加した場合、「戦力が目減りする」かもしれません。

「目減り」を使った例文2

「大切にしていたブランデーが、蒸発して『目減り』していた」

この例文は、お酒が好きな人についての文章になります。

高価なブランデーを大切にしていつまでも飲まずにいたら、蒸発して、分量が減ってしまったという意味があります。

このように、蒸発するなどして、目方が減る様子を「目減り」と言います。



「目減り」の類語や類義語・言い換え

「目減り」の類語や類似を紹介します。

  • 「減る」【へる】
  • 「少なくなる」【すくなくなる】

「減る」【へる】

「減る」には「数量や程度が少なくなる」という意味があります。

また「すり減る」という意味もあります。

「売り上げが減る」「靴の裏が減る」などという使い方をします。

「少なくなる」【すくなくなる】

「少なくなる」には、「減る」という意味があります。

「人数が少なくなる」「楽しみが少なくなる」などという使い方をします。

icon まとめ

「目減り」という言葉について見てきました。

蒸発したりこぼれるなどして、品物の目方が減ること、また物の実質的な価値が低下することを言い表す時、「目減り」という言葉を使ってみましょう。