意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「未搭載」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「未搭載」という言葉を聞いたなら、どのようなシーンをイメージするでしょうか?

この言葉は、決して難しい意味で解釈する必要はありませんが、少し硬い印象を覚える語感があります。

そこで今回は、この「未搭載」について、考察していくことにします。

Meaning-Book
「未搭載」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「未搭載」の意味
  • 「未搭載」の表現の使い方
  • 「未搭載」を使った例文と意味を解釈
  • 「未搭載」の類語や類義語


「未搭載」の意味

「未搭載」「搭載」とは「艦船・車両・航空機などに物資を積み込むこと」「兵器を積んで装備すること」「機器・自動車などに、ある装備や機能を組み込むこと」という意味があるのですが、「未」とは、その後の言葉の意味を否定する役目を果たすので、「未搭載」となると、「装備されていない」「積み込まれていない」という意味で理解することができます。

  • 「未搭載」の読み方

「未搭載」の読み方

「未搭載」「みとうさい」という読み方になるので、ここでキチンと押さえておくことにしましょう。



「未搭載」の表現の使い方

「未搭載」「装備されていない」という意味になるので、船や車両に設備や装備が設置せれていないような場面で使われることになります。

また、ビジネスシーンでは、IT機器やアプリの中に特定の機能が搭載されていない場合に使われることがあります。

「未搭載」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「未搭載」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしていることにしましょう。

  • 「未搭載」を使った例文1
  • 「未搭載」を使った例文2

「未搭載」を使った例文1

「古い原子力潜水艦は、最新式のミサイルが未搭載なので、今度の改修計画で見直されることになったのです」

旧式化してしまった原子力潜水艦には、今の最新式のミサイルが搭載されていないことから、今度の大幅な改修計画の中で、新たに積み込むことが決まったようです。

しかし、このように世界の平和を脅かすようなことはして欲しくはありません。

「未搭載」を使った例文2

「今のスマホと異なり、昔の携帯電話には、高精細画質のカメラは未搭載でした。それが今やデジタルカメラの機能まで持ち合わせることになっています」

今や誰もが持っているスマートフォン。

外にしても、インターネットに繋いで情報を手に入れたり、カメラ機能で影像を撮影することも可能です。

まさにミニパソコンを片手に使いこなしている感じがあります。



「未搭載」の類語や類義語

「未搭載」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「積み込まれていない」【つみこまれていない】
  • 「非実装」【ひじっそう】

「積み込まれていない」【つみこまれていない】

「積み込まれていない」という表現が「未搭載」の類義語となります。

「船や車などに荷物が積まれていない」という意味になります。

「非実装」【ひじっそう】

「非実装」という言葉も「未搭載」の意味に似ている言葉です。

「装置や機器の構成要素となるものが組み込まれていない」という意味になりますが、これは主にコンピューターなどのIT機器の仕様について使われることがあります。

icon まとめ

「未搭載」という言葉の意味や使い方を見てきましたが、ビジネスの世界では比較的によく使われている言葉なので、これを機に勉強に役立てください。