意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「魔訶不思議」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常会話で「魔訶不思議」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、語源や使い方も併せて詳しく紹介します。

Meaning-Book
「魔訶不思議」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「魔訶不思議」とは?意味
  • 「魔訶不思議」の表現の使い方
  • 「魔訶不思議」を使った例文と意味を解釈
  • 「魔訶不思議」の類語や類義語


「魔訶不思議」とは?意味

「魔訶不思議」の意味は「現実とはとても思えずにわかに信じられないこと」です。

常識では考えられない様なことや、超常現象ではないかと思われる様なことが起きた時に、「ありえないことでとても信じられない」と思う気持を表します。

人に話しても信じて貰えなかったり、自分が夢を見ていたと思われる様なことを表す言葉です。

  • 「魔訶不思議」の読み方
  • 「魔訶不思議」の語源

「魔訶不思議」の読み方

「魔訶不思議」の読み方は、「まかふしぎ」になります。

とても難しい漢字ですので書けなくても問題ありません、読める様にしておきましょう。

「魔訶不思議」の語源

「魔訶不思議」「魔訶」「不思議」に分解できます。

「摩訶」は、サンスクリット語で「偉大な」という意味の“maha”を漢字にしたもので、仏教では「大いなる」「人知を超えた」「非常に優れている」という意味でも使われます。

「不思議」「不+思議」で成り立っています。

「不」「あらず」「しない」という意味で、「思議」「色々と考えない」という意味です。

つまり、「不思議」「思議すべからず」=「常識では理解できないこと」を表します。

これらの言葉が組み合わさり「人知を超えて常識では理解できないこと」という意味で使われる様になりました。



「魔訶不思議」の表現の使い方

「魔訶不思議」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 本当に不思議な時に使う

文法的な使い方

「魔訶不思議」は名詞で、文末に使う時には形容動詞として「魔訶不思議だ・である」と使います。

副詞として使う時には「魔訶不思議で」になり、形容詞として使う時には「魔訶不思議な〇〇」になります。

本当に不思議な時に使う

「魔訶不思議」「不思議」は似ていますが、使分けがあります。

「不思議」「常識では理解できない」という意味ですが、その結末として「受け入れられること」に使われます。

例えばスイカに塩をかけると「不思議と甘みが引き立つ」と言います。

「魔訶不思議」「現実ではありえないこと」という意味で、科学的な根拠がないことに対して使われるのです。

「魔訶不思議」を使った例文と意味を解釈

「魔訶不思議」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「魔訶不思議」を使った例文1
  • 「魔訶不思議」を使った例文2

「魔訶不思議」を使った例文1

「ついさっきまでここにあったものがなくなっている、摩訶不思議だ」

少し前までそこにあったものがなくなっていて、誰も持ち出していない状態を表しています。

「魔訶不思議」を使った例文2

「会いたいと思った友人とばったり出会った、摩訶不思議だ」

長い間会っていない友人に会いたいと思ったら、ばったり出会ってびっくりしていることを表しています。



「魔訶不思議」の類語や類義語

「魔訶不思議」の類語や類義語を紹介します。

  • 「不可思議」【ふかしぎ】
  • 「不可解」【ふかかい】

「不可思議」【ふかしぎ】

「仏教用語で理屈で考えられず、言葉にもできないこと」という意味です。

「不可解」【ふかかい】

「とても理解できないこと」という意味です。

icon まとめ

「魔訶不思議」「現実とはとても思えずにわかに信じられないこと」という意味です。

超常現象に近いことに対して使いましょう。