意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「身近な存在」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

あなたは「身近な存在は?」と尋ねられると、どのような人を頭に浮かべるでしょうか?

それは家族であったり、恋人であったり、あるいは心許せる友やペットかもしれません。

そこで今回は、この「身近な存在」について考えていくことにします。

Meaning-Book
「身近な存在」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「身近な存在」の意味
  • 「身近な存在」の表現の使い方
  • 「身近な存在」を使った例文と意味を解釈
  • 「身近な存在」の類語や類義語


「身近な存在」の意味

「身近な存在」とは、「近くにいる人や物」「自分のすぐに隣にいる存在」という意味になりますが、一般的には「頼れる身近な人や物、あるいは考え方」などを表現したものであることが多いです。

  • 「身近な存在」の読み方

「身近な存在」の読み方

「身近な存在」は、「みぢかなそんざい」という読み方になりますので、ここで正確にチェックしておきましょう。



「身近な存在」の表現の使い方

「身近な存在」とは、「横や近くにいて頼りになれる人や物」という意味があるので、自分が困った時に、側にいてくれる人を指して使うことがあります。

また、いつも自分の生活を共にしてくれるペットや家族も「身近な存在」と言えます。

「身近な存在」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「身近な存在」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「身近な存在」を使った例文1
  • 「身近な存在」を使った例文2

「身近な存在」を使った例文1

「私は悩める彼らの身近な存在となり、支えていくことにした」

西洋でこのような例文を目にすると、まるでイエス・キリストの存在をイメージする人もいることでしょう。

この時の「私」は、困っている人を助けたり、精神的にも、経済的にも助ける「身近な存在」であったり、キリストのように精神的に支える「身近な存在」である場合もあります。

「身近な存在」を使った例文2

「身近に存在している川の流れのエネルギーを発電して電気を作り出す水力発電システムが、最もクリーンで効率的な発電です」

「身近な存在」は、人だけでなくこのように自然の存在も対象にすることがあります。

川や海、山も生活に溶け込んだ「身近な存在」と言えるのですが、水力発電などは、その「身近な存在」として或川の流れを利用して電気を作り出しています。



「身近な存在」の類語や類義語

「身近な存在」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「近い存在」【ちかいそんざい】
  • 「頼りになる存在」【たよりになるそんざい】

「近い存在」【ちかいそんざい】

「近い存在」「身近な存在」と同じ意味を最も言葉です。

「自分から見て物理的・精神的に近い距離の存在」という意味で使われます。

「身近な存在」もそうなのですが、人や物のように物理的な存在だけでなく、精神的な存在として扱われることができるのも、興味深い点です。

「頼りになる存在」【たよりになるそんざい】

「困った時に支えてくれる存在」という意味がある「頼りになる存在」「身近な存在」の類義語として使うことができます。

icon まとめ

「身近な存在」は、誰にでもある存在です。

しかし、日々何気なく暮らしている中では、その存在を特別に意識することもありません。

そのために自分にとって、本当の「身近な存在」が誰なのか、何なのかを見つめ直すこともいいでしょう。