意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「初歩的なミス」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「初歩的なミス」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「初歩的なミス」という言葉の理解を深めていきましょう。

初歩的なミス

Meaning-Book
「初歩的なミス」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「初歩的なミス」とは?意味
  • 「初歩的なミス」の表現の使い方
  • 「初歩的なミス」を使った例文と意味を解釈
  • 「初歩的なミス」の類語や類義語


「初歩的なミス」とは?意味

「初歩的なミス」とは学問、技芸、仕事などにおいて、学び始めの段階のような失敗という意味になります。

  • 「初歩的なミス」の読み方

「初歩的なミス」の読み方

「初歩的なミス」の読み方は、「しょほてきなみす」になります。



「初歩的なミス」の表現の使い方

「初歩的なミス」の表現の使い方を紹介します。

「初歩的」とは学問、技芸、仕事など学び始めの段階にあることを言います。

初心者と同じ意味合いです。

そしてそのような状態の「ミス」ですから、ごく簡単なことをやり損なう、失敗するという時に使う言葉となります。

「こんな初歩的なミスをするなんて、どうしたの」「初歩的なミスが多いので基本がなっていないと思われる」などと使います。

「初歩的なミス」を使った例文と意味を解釈

「初歩的なミス」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「初歩的なミス」を使った例文1
  • 「初歩的なミス」を使った例文2

「初歩的なミス」を使った例文1

「あなたのようなベテランが、このような初歩的なミスをするとは信じられない」

「初歩的なミス」とはその物事において、まるで始めたばかりの人がするような失敗という意味になります。

つまり例文のように、慣れているベテランがするような失敗ではない、信じられないということを言い表しているのです。

「初歩的なミス」を使った例文2

「本番で、初歩的なミスをしない為にも基本から習い始めた方がいいと思うよ」

「初歩的なミス」とは学問、技芸において学び始めの段階の人がするような失敗という意味になります。

例文は、そのような失敗を防ぐ基本からしっかり習った方がいいと言っているわけです。



「初歩的なミス」の類語や類義語

「初歩的なミス」の類語や類義語を紹介します。

  • 「簡単な間違い」【かんたんなまちがい】
  • 「ケアレミス」【けあれすみす】
  • 「単純なミス」【たんじゅんなみす】

「簡単な間違い」【かんたんなまちがい】

「簡単な間違い」とは物事が単純であり、理解、扱いが容易なことを間違うという意味になります。

「こんな簡単な間違いをするなんて、私もうっかりしていたわ」「簡単な間違いばかりしているけれど、基本的なことを理解していないんじゃないの」などと使います。

「ケアレミス」【けあれすみす】

「ケアレミス」とは注意をしていれば防げたはずの、間違いや失敗のことを言います。

「君は、テストでいつもケアレミスが連発しているよ」「ケアレミスを防ぐ為にもっと集中するよ」という風に使います。

「単純なミス」【たんじゅんなみす】

「単純なミス」とはこみいったことがなく、簡単なことを間違うことを言います。

「ちゃんとわかっているのよ、単純なミスをしただけなの」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「初歩的なミス」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。