意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「出し渋る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「出し渋る」の表現は「割り勘のお金を出し渋る」「必要な労力を出し渋ったことによって信用を失った」といった文章で使われますが、具体的にどんな意味があるのでしょうか?

「出し渋る」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「出し渋る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「出し渋る」とは?意味
  • 「出し渋る」の表現の使い方
  • 「出し渋る」を使った例文と意味を解釈
  • 「出し渋る」の類語や類義語


「出し渋る」とは?意味

「出し渋る」という表現は、「自分の労力・金銭などをためらって気持ちよく出そうとしないさま」を意味しています。

「出し渋る」というのは、「(自分に負担感・損失感が生じる)金品・労力などを出し惜しみすること」を意味している表現なのです。

  • 「出し渋る」の読み方

「出し渋る」の読み方

「出し渋る」の読み方は、「だししぶる」になります。



「出し渋る」の表現の使い方

「出し渋る」の表現の使い方を紹介します。

「出し渋る」の使い方は、「金品・労力などを出し惜しみする場合」「払うべきものを、ためらって気持ちよく払おうとしない場合」に使うという使い方になります。

例えば、「高速代の割り勘を出し渋るので、彼とのドライブは控えるようになりました」「仕事で実力を出し渋れば、その仕事の能力面の評価が低くなります」といった文章で、「出し渋る」の表現を適切に使えます。

「出し渋る」を使った例文と意味を解釈

「出し渋る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「出し渋る」を使った例文1
  • 「出し渋る」を使った例文2

「出し渋る」を使った例文1

「彼は飲み会でかなりの量を食べたり飲んだりしたにも関わらず、割り勘の代金を出し渋って周囲をあきれさせました」

この「出し渋る」を使った例文は、「割り勘の代金を自分から気持ちよく出そうとしない・出し惜しみしている」という意味で、「出し渋る」という表現を使っています。

「出し渋る」を使った例文2

「仕事の納期が明日に迫ってきており、自分の力を出し渋っている場合ではありませんでした」

この「出し渋る」を使った例文は、「出し渋る」の表現を、「自分の力をもったいぶって出し惜しみしている場合ではない」という意味合いで使用しています。



「出し渋る」の類語や類義語

「出し渋る」の類語や類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「出し惜しみする・ケチ」
  • 「躊躇う・せこい」

「出し惜しみする・ケチ」

「出し渋る」という表現は、「金品・労力などを出し惜しみすること」「支払うべきものを支払わずにケチ(吝嗇)であるさま」を意味しています。

それらの意味合いから、「出し渋る」と近しい類似の意味を持つ類語(シソーラス)として、「出し惜しみする・ケチ」を指摘できます。

「躊躇う・せこい」

「出し渋る」という言葉は、「自分が負担感を感じるので、金品・労力を出すことを躊躇うさま」「出すべきものを出さずにせこいこと・出し惜しみで器量が小さく見えるさま」を意味しています。

この意味合いから、「躊躇う・せこい」の表現を、「出し渋る」と良く似た意味を持つ類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で解説した「出し渋る」の表現には、「ためらったり迷ったりして気持ちよく出そうとしないさま」「金品などを出し惜しみすること」などの意味があります。

「出し渋る」の類語・類義語として、「出し惜しみする・ケチ」「躊躇う・せこい」などがあります。

「出し渋る」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。