意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見渡す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見渡す」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「見渡す」という言葉について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「見渡す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見渡す」の意味
  • 「見渡す」の表現の使い方
  • 「見渡す」を使った例文と意味を解釈
  • 「見渡す」の類語や類義語


「見渡す」の意味

「見渡す」というのは「広い範囲にわたって見る」「遠くまで広く眺める」という意味になります。

山に登った時など、遠くの景色まで「見渡す」ことが可能です。

例えば富士山に登ったりすると、雲の上から街が「見渡せ」ますので、素敵だと思う人もいるかもしれません。

「見渡す限りの雪景色がとてもきれいです」などと表現することもあります。

また、「全体を見渡して人員を決めることも重要です」などとも使われます。

  • 「見渡す」の読み方

「見渡す」の読み方

「見渡す」の読み方は、「みわたす」になります。

日常的にも、そしてビジネスでも使える表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「見渡す」の表現の使い方

「見渡す」の表現の使い方を紹介します。

「言い渡す」という表現には「遠くまで見る」という意味もありますし、「全体を見る」という意味も持ち合わせています。

「そこは見渡す限りの大草原でした」などとも表現できますし、「仕事の中で全体を見渡す必要があります」ということも可能です。

ビジネスにおいては、やらなければいけない仕事全体を「見渡した」上でどの仕事から着手するべきなのか、などと決めていかなければいけないです。

効率よく仕事をするために、「見渡す」事はとても大切なのです。

「見渡す」を使った例文と意味を解釈

「見渡す」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「見渡す」を使った例文1
  • 「見渡す」を使った例文2

「見渡す」を使った例文1

「見渡すかぎりの雪景色で、とてもきれいでした」

最近は地球温暖化の影響で雪が減っているとも言われていますが、雪が降った景色は綺麗でとても好きだという人もいるのではないでしょうか。

実際には、大雪が降ったりしてしまうと交通網などにも影響が出てしまい、仕事に行くのに厄介だと思う人もいるかもしれません。

しかし、雪が降っている景色や雪が積もった景色は幻想的であり、心を豊かにしてくれるものでもあります。

「見渡す」を使った例文2

「彼女はしっかりと仕事全体を見渡して判断してくれる上司です」

仕事をするときは、その時の仕事だけを見ていれば良いというわけではありません。

この次にどのような仕事があるのか、ということをしっかりと考えた上でこなしていく必要があります。

たくさんの仕事をこなさなければいけない場合には、優先度をつけることも重要です。

そのためにも、仕事全体を「見渡した」上での判断が求められます。



「見渡す」の類語や類義語

「見渡す」の類語や類義語を紹介します。

  • 「見通す」【みとおす】
  • 「展望する」【てんぼうする】

「見通す」【みとおす】

「見通す」というのは「初めから終わりまで全部見る」「先の方まで見る」という意味になります。

例えば、「仕事を見通した上で今やるべきことを決めましょう」などと使えます。

「展望する」【てんぼうする】

「展望する」というのは「遠くまで見通す」という意味もありますし、「社会の動きや人生の行く末などを見渡す」という意味もあります。

「屋上から街を展望する」ともいえますし、「将来を展望することが大切です」などとも言えます。

icon まとめ

「見渡す」という表現は日常的にも使える言葉ですので、ぜひ覚えておきましょう。

仕事をするときには全体を「見渡して」行きたいです。