意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見晴らし」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見晴らし」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「見晴らし」という言葉を使った例文や、「見晴らし」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「見晴らし」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見晴らし」とは?意味
  • 「見晴らし」の表現の使い方
  • 「見晴らし」を使った例文や短文など
  • 「見晴らし」の類語や類義語・言い換え


「見晴らし」とは?意味

「見晴らし」には、「広く遠くまで展望すること。その景色」という意味があります。

  • 「見晴らし」の読み方

「見晴らし」の読み方

「見晴らし」の読み方は、「みはらし」になります。



「見晴らし」の表現の使い方

「見晴らし」の表現の使い方を紹介します。

「見晴らし」には、「広く遠くまで展望すること。その景色」という意味があります。

そのため、広く遠くまで展望できる時、また広く遠くまで展望した時に見える景色について話す時、「見晴らし」という言葉を使ってみましょう。

例えば、富士山の山頂から、下界を広く遠くまで展望した経験があるかもしれません。

とても美しく素晴らしいと感じたのではないでしょうか。

このような様子を言葉にする時、「富士山頂からの、見晴らしが素晴らしい」などと「見晴らし」という言葉を使ってみましょう。

「見晴らし」を使った例文や短文など

「見晴らし」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「見晴らし」を使った例文1
  • 「見晴らし」を使った例文2

「見晴らし」を使った例文1

「今日は曇り空のため、展望台からの『見晴らし』が良くない」

この例文は、展望台からの眺めを楽しみにしていたものの、曇り空のため見通しが悪く、遠くの方まで広く展望できないという意味があります。

このように曇り空などで、遠くまで広く見渡せない時、「見晴らしが良くない」「見晴らしが悪い」などと言います。

「見晴らし」を使った例文2

「登山の途中、道に迷ったため、『見晴らし』がいい場所に移動する」

この例文は、登山中に道に迷ってしまった人についての文章になります。

現在地がどこか把握することが大切のため、遠くまで広く展望できる場所に移動しようとしています。

このように、全体像を把握できるような、見通しが効く場所を「見晴らしがいい場所」などと言います。



「見晴らし」の類語や類義語・言い換え

「見晴らし」の類語や類似を紹介します。

  • 「眺望」【ちょうぼう】
  • 「展望」【てんぼう】

「眺望」【ちょうぼう】

「眺望」には、「遠くまで風景を見渡すこと」という意味があります。

また「その眺め」という意味もあります。

「ビルからの眺望が素晴らしい」などという使い方をします。

「展望」【てんぼう】

「展望」には「遠くまで広く一望すること、その眺め」という意味があります。

また「社会や人生の今後を見通すこと」という意味があります。

「これからの社会の動きを展望する」という言葉には、「今後の社会がどうなって行くのかを見通す」という意味があります。

icon まとめ

「見晴らし」という言葉について見てきました。

広く遠くまで見渡す時、またその時に見える景色について話す時、「見晴らし」という言葉を使ってみましょう。