意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見くびる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見くびる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「見くびる」という言葉を使った例文や、「見くびる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「見くびる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見くびる」とは?意味
  • 「見くびる」の表現の使い方
  • 「見くびる」を使った例文や短文など
  • 「見くびる」の類語や類義語・言い換え


「見くびる」とは?意味

「見くびる」には、「相手を低く見てばかにする」という意味があります。

  • 「見くびる」の読み方

「見くびる」の読み方

「見くびる」の読み方は、「みくびる」になります。



「見くびる」の表現の使い方

「見くびる」の表現の使い方を紹介します。

「見くびる」には、「相手を低く見てばかにする」という意味があります。

そこで、誰かが相手を低く見て、ばかにしていると感じた時、「見くびる」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ケンカを売ってきた人がいる時、自分よりも弱いと思い、ばかにした態度を取ったとします。

しかし、実際にケンカをしてみると、相手が強くて負けてしまうことがあります。

このような様子を「敵を見くびり、ボコボコにされる」などと、「見くびる」を使った文章にしてみましょう。

「見くびる」を使った例文や短文など

「見くびる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「見くびる」を使った例文1
  • 「見くびる」を使った例文2

「見くびる」を使った例文1

「幼なじみの才能を『見くびっていた』が、彼は世界一のダンサーになった」

この例文は、幼なじみにダンスの才能を低く見て、ばかにしていたが、結果的に彼には才能があり、世界一のダンサーにまでなったという意味があります。

このように、相手を低く見てばかにする様子を、「見くびる」と言います。

身近な人の才能は、「見くびりがち」ですが、実は世界トップになるような才能が眠っているかもしれません。

「見くびる」を使った例文2

「プロジェクトの困難さを『見くびり』、メンバーが苦戦する」

この例文は、ある会社のプロジェクトに関係した人たちについての文集になります。

参加者の誰もが、プロジェクトの困難さを、低く見積もっていて、簡単に終えられると思っていたようです。

しかし計画が進みにつれて、自分たちが「見くびっていた」ということに気付いたという文章になります。



「見くびる」の類語や類義語・言い換え

「見くびる」の類語や類似を紹介します。

  • 「見下げる」【みさげる】
  • 「軽んじる」【かろんじる】

「見下げる」【みさげる】

「見下げる」には、「劣っているとして、軽んじる」という意味があります。

「見下げた態度を取る」という言葉には、「相手を劣っているとして、軽んじるような態度を取る」という意味があります。

「軽んじる」【かろんじる】

「軽んじる」には、「相手を軽く扱う」「大切に思わない」という意味があります。

「部下を軽んじる上司」という言葉には、「部下を大切に思わない上司」という意味があります。

icon まとめ

「見くびる」という言葉について見てきました。

相手を低く見てばかにする様子を見た時、「見くびる」という言葉を使ってみましょう。