意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「活かす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「活かす」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「活かす」という言葉を使った例文や、「活かす」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「活かす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「活かす」とは?意味
  • 「活かす」の表現の使い方
  • 「活かす」を使った例文や短文など
  • 「活かす」の類語や類義語・言い換え


「活かす」とは?意味

「活かす」には、「いったん息絶えたものを生き返らせる」という意味があります。

また「死なないようにする」という意味があります。

さらに「有効に使う」「活用する」という意味があります。

一般的には、「有効に使う」「活用する」という意味で使うことが多くなっています。

  • 「活かす」の読み方

「活かす」の読み方

「活かす」の読み方は、「いかす」になります。



「活かす」の表現の使い方

「活かす」の表現の使い方を紹介します。

「活かす」には、「有効に使う」「活用する」という意味があります。

そこで何かを有効に使っていると感じる時、「活かす」という言葉を使ってみましょう。

例えば、「生まれつき足が速い人がいて、その人が能力を伸ばし、陸上選手として活躍している場合、能力を活用している」と言えます。

そのため、「足が速いという才能を活かし、陸上選手として活躍している」と、「活かす」を作った文章を作れます。

このように、何かを活用している様子に対して、「活かす」を使ってみましょう。

「活かす」を使った例文や短文など

「活かす」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「活かす」を使った例文1
  • 「活かす」を使った例文2

「活かす」を使った例文1

「長年の経験を『活かし』難題を解決する」

ビジネスシーンでは、この例文のように、長い間培った経験を活用して、難しい問題を解決する場面があるかもしれません。

このように、経験を活用する時、「経験を活かす」という言い回しをします。

「活かす」を使った例文2

「学生時代に身に付けた能力を『活かせる』仕事につきたい」

この例文は就活を前に、学生時代に身に付けた知識やスキルを活用できる仕事につきたいと考えている学生についての文章になります。

できることなら今持っている力を「活かせる」仕事につきたいと思うのは自然な考えかもしれません。

一方で、これまで経験したことのない、まるで知識のない業界に飛び込みたい学生もいるかもしれません。



「活かす」の類語や類義語・言い換え

「活かす」の類語や類似を紹介します。

  • 「有効活用」【ゆうこうかつよう】
  • 「駆使する」【くしする】

「有効活用」【ゆうこうかつよう】

「有効活用」には、「物を有効に使用すること」という意味があります。

「お小遣いを有効活用する」などという使い方をします。

「駆使する」【くしする】

「駆使する」には「自由自在に使うこと」という意味があります。

「技を駆使する」「想像力を駆使する」などという使い方をします。

icon まとめ

「活かす」という言葉について見てきました。

何かを活用したり、有効に使う様子を見た時、「活かす」という言葉を使ってみましょう。