意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「淫縦」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「淫縦」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「淫縦」という言葉を使った例文や、「淫縦」の類語を紹介して行きます。

淫縦

Meaning-Book
「淫縦」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「淫縦」とは?意味
  • 「淫縦」の表現の使い方
  • 「淫縦」を使った例文や短文など
  • 「淫縦」の類語や類義語・言い換え


「淫縦」とは?意味

「淫縦」には、「みだらで勝手気ままなこと」という意味があります。

また「はなはだしく、欲しいままにすること」という意味があります。

  • 「淫縦」の読み方

「淫縦」の読み方

「淫縦」の読み方は、「いんじゅう」になります。



「淫縦」の表現の使い方

「淫縦」の表現の使い方を紹介します。

「淫縦」には、「みだらで勝手気ままなこと」「はなはだしく、欲しいままにすること」という意味があります。

そのため、みだらで勝手気ままな態度の人などを見た時、「淫縦」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ある男性がイケメンで、とても女性にモテるとします。

その男性が、モテることをいいことに、様々な女性とみだらで勝手気ままな行為をしていると感じた時、「イケメンの彼は、とても『淫縦』だった」などと、「淫縦」を使った文章を作れます。

「淫縦」を使った例文や短文など

「淫縦」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「淫縦」を使った例文1
  • 「淫縦」を使った例文2

「淫縦」を使った例文1

「彼女は、清楚そうな顔立ちをしていたが、夜の肉体はひどく『淫縦』だった」

この例文に登場する女性は、清楚に見える顔立ちをしていたが、性生活においては、みだらで勝手気ままな様子だという意味があります。

このように、「淫縦」には、みだらで勝手気ままなことという意味があります。

見た目と内面は必ずしも一致しないのが、世の常ではないでしょうか。

「淫縦」を使った例文2

「初めて異性と肉体関係を持ち、自分がひどく『淫縦』だと気付いた」

この例文は、初めて異性と関係を持った時、自分が思っていたよりも、みだらで勝手気ままなことに気付いたという意味があります。

自分は恋愛にそれほど興味がなく、特に夜の生活に興味がないと思っていたのに、実はそうではなかったということは、よくあるのかもしれません。



「淫縦」の類語や類義語・言い換え

「淫縦」の類語や類似を紹介します。

  • 「肉欲」【にくよく】
  • 「助平」【すけべい】

「肉欲」【にくよく】

「肉欲」には、「性的な満足を得るための、肉体的な欲望」という意味があります。

「肉欲に溺れる」などという使い方をします。

「助平」【すけべい】

「助平」には、「色事を好むこと、またそのような人」という意味があります。

「彼は社内一の助平だ」という文章には、「その男性は、社内でいちばん、色事を好む人だ」という意味があります。

icon まとめ

「淫縦」という言葉について見てきました。

みだらで勝手気ままに振る舞う人を見た時、はなはだしく、何かを欲しいままにする様子を見た時、「淫縦」という言葉を使ってみましょう。