意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「鬱陶しい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「鬱陶しい」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「鬱陶しい」という言葉を使った例文や、「鬱陶しい」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「鬱陶しい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「鬱陶しい」とは?意味
  • 「鬱陶しい」の表現の使い方
  • 「鬱陶しい」を使った例文や短文など
  • 「鬱陶しい」の類語や類義語・言い換え


「鬱陶しい」とは?意味

「鬱陶しい」には、「心が塞いで晴れ晴れしない様子」という意味があります。

また「邪魔になってうるさい、煩わしい」という意味があります。

  • 「鬱陶しい」の読み方

「鬱陶しい」の読み方

「鬱陶しい」の読み方は、「うっとうしい」になります。



「鬱陶しい」の表現の使い方

「鬱陶しい」の表現の使い方を紹介します。

「鬱陶しい」には、「心が塞いで晴れ晴れしない様子」という意味があります。

例えば、梅雨の時期は雨ばかり降って、心が塞ぎ、晴れ晴れとしないかもしれません。

このような様子を、「梅雨の長雨は鬱陶しいため嫌いだ」などと「鬱陶しい」を使った文章にできます。

また「鬱陶しい」は、「邪魔になってうるさい、煩わしい」という意味があります。

例えば、子供が電車の中で騒いでいる時、乗客にとって煩わしいかもしれません。

このような様子を、「電車の中で子供が騒ぎ、鬱陶しい」などと「鬱陶しい」を使った文章を作れます。

「鬱陶しい」を使った例文や短文など

「鬱陶しい」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「鬱陶しい」を使った例文1
  • 「鬱陶しい」を使った例文2

「鬱陶しい」を使った例文1

「仕事を山ほど抱えているため、朝起きた瞬間から『鬱陶しい』と感じる」

この例文は、やり残した仕事がたくさんあるため、朝起きた瞬間から、心が塞いで、晴れ晴れしないという意味があります。

このような経験をした社会人の方も多いかもしれません。

このように、心が塞いで晴れ晴れしない様子を「鬱陶しい」と言います。

「鬱陶しい」を使った例文2

「髪の毛が長くなり、前髪に目が入って『鬱陶しい』」

この例文は、散髪に行く機会がなく、髪の毛が長くなってしまった人についての文章になります。

前髪に目が入ると、仕事や読書、食事の邪魔になります。

このように、邪魔になってうるさいことを、「鬱陶しい」と言います。



「鬱陶しい」の類語や類義語・言い換え

「鬱陶しい」の類語や類似を紹介します。

  • 「邪魔者」【じゃまもの】
  • 「煙たい」【けむたい】

「邪魔者」【じゃまもの】

「邪魔者」には、「障害となるもの」という意味があります。

例えば好きな人のライバルは、恋愛成立の障害になるため、「恋の邪魔者」になります。

「煙たい」【けむたい】

「煙たい」には、「煙のために息苦しい」という意味や、「窮屈に感じられ、親しみが持てない様子」という意味があります。

「煙たい上司」「思春期になると、親が煙たい存在になる」などという使い方をします。

icon まとめ

「鬱陶しい」という言葉について見てきました。

心が塞いで晴れ晴れしないと思った時、邪魔になってうるさい、煩わしいと思った時、「鬱陶しい」という言葉を使ってみましょう。