意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「離散」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「離散」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「離散」という言葉を使った例文や、「離散」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「離散」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「離散」とは?意味
  • 「離散」の表現の使い方
  • 「離散」を使った例文や短文など
  • 「離散」の類語や類義語・言い換え


「離散」とは?意味

「離散」には、「手を取り合っていた人々が、ちりぢりになること」という意味があります。

  • 「離散」の読み方

「離散」の読み方

「離散」の読み方は、「りさん」になります。



「離散」の表現の使い方

「離散」の表現の使い方を紹介します。

「離散」には、「手を取り合っていた人々が、ちりぢりになること」という意味があります。

そのため、グループのようにまとまっていた人々がちりぢりになる様子を見た時、「離散」という言葉を使ってみましょう。

例えば、家族仲が悪くなり、家族がちりぢりになることがあるかもしれません。

このような家族の様子は「一家離散」と表現できます。

このように、もともとはまとまっていた人たちが、ちりぢりになる様子について、「離散」という言葉を使ってみましょう。

「離散」を使った例文や短文など

「離散」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「離散」を使った例文1
  • 「離散」を使った例文2

「離散」を使った例文1

「化け物退治の途中で、敵に襲撃され、メンバーが『離散』してしまう」

この例文は、化け物退治のため集まったグループのメンバーが、敵に襲われたのをきっかけに、ちりぢりになったという意味があります。

このようにまとまっていた人々がちりぢりになる様子を「離散」と言います。

化け物退治のためには、一塊になっていた方が有利で、「離散」すると、勝ち目がないかもしれません。

「離散」を使った例文2

「王家が滅び、その配下の者は、『離散』する他なかった」

この例文は、ある王家が滅んだため、王に使えていた配下の民は、ちりぢりになるしかなかったという文章になります。

王家が滅べば、そのまま、まとまって次の王家に仕えられるとは限らず、追い立てられてちりぢりになることもあります。

このような状態を「離散」と言います。



「離散」の類語や類義語・言い換え

「離散」の類語や類似を紹介します。

  • 「解散」【かいさん】
  • 「飛散」【ひさん】

「解散」【かいさん】

「解散」には「集まっていた人達が離れ離れになること」という意味があります。

例えば、「イベントが終わったため、参加者が解散する」という言葉には、「イベントが終わったため、参加していた人が、ばらばらになる」という意味があります。

「飛散」【ひさん】

「飛散」には、「飛び散ること」という意味があります。

「ガラスの破片が飛散する」という言葉には、「ガラスの破片が飛び散る」という意味があります。

icon まとめ

「離散」という言葉について見てきました。

まとまっていた人々がちりぢりになる様子を見た時、「離散」という言葉を使ってみましょう。