意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手慣れた様子」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手慣れた様子」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「手慣れた様子」という言葉を使った例文や、「手慣れた様子」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「手慣れた様子」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手慣れた様子」とは?意味
  • 「手慣れた様子」の表現の使い方
  • 「手慣れた様子」を使った例文や短文など
  • 「手慣れた様子」の類語や類義語・言い換え


「手慣れた様子」とは?意味

「手慣れた様子」には、「いつもしているため、慣れているように見える」「使い慣れたように見える」という意味があります。

  • 「手慣れた様子」の読み方

「手慣れた様子」の読み方

「手慣れた様子」の読み方は、「手慣れた様子」になります。

「手慣れた」「てなれた」「様子」「ようす」になります。



「手慣れた様子」の表現の使い方

「手慣れた様子」の表現の使い方を紹介します。

「手慣れた様子」には、「いつもしているため、慣れているように見える」「使い慣れたように見える」という意味があります。

そのため、誰かの動きなどが、慣れていると感じた時、「手慣れた様子」という言葉を使ってみましょう。

例えば、恋人が料理を作ってくれた時、包丁遣いが上手で、使い慣れていると感じることがあるかもしれません。

このような時、「彼女は手慣れた様子で、包丁を扱った」などと「手慣れた様子」という言葉を使いながら言葉にできます。

「手慣れた様子」を使った例文や短文など

「手慣れた様子」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手慣れた様子」を使った例文1
  • 「手慣れた様子」を使った例文2

「手慣れた様子」を使った例文1

「殺し屋は、『手慣れた様子』で、ターゲットの首をひねった」

この例文は、殺し屋が登場する映画や小説の一場面になります。

殺し屋は慣れた感じで、目標人物の首をひねって殺したという意味があります。

このように、いつもしているため、慣れているのだろうと思える動作に対して、「手慣れた様子」という言葉を使ってみましょう。

「手慣れた様子」を使った例文2

「彼女は『手慣れた様子』で餃子の皮を包んだ」

この例文は、女性が慣れた感じで餃子の皮を包んだという意味があります。

料理上手で、いつも家で手作りの餃子を作っているのではないでしょうか。

付き合っている女性が、初めて手料理を作ってくれる時、このように「手慣れた様子」で餃子を作っている様子が見られると、家庭的な女性だと思えるかもしれません。



「手慣れた様子」の類語や類義語・言い換え

「手慣れた様子」の類語や類似を紹介します。

  • 「熟練」【じゅくれん】
  • 「板についた様子」【いたについたようす】

「熟練」【じゅくれん】

「熟練した」には「訓練や練習によって、よく慣れて上手になること」という意味があります。

「熟練した手さばきで、魚を三枚におろした」などという使い方をします。

「板についた様子」【いたについたようす】

「板についた様子」には、「技術が身に付き作業などが、手慣れているように見える様子」という意味があります。

「司会役も、板についた様子の彼女」という文章には、「司会役をいつもしていて慣れているように見える女性」という意味があります。

icon まとめ

「手慣れた様子」という言葉について見てきました。

いつもしているため、慣れているように見える時、使い慣れたように見える時、「手慣れた様子」という言葉を使ってみましょう。